ニュース
» 2016年05月02日 15時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:究極のOCマザーとして注目される「Z170M OC Formula」が登場! (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

Androidスティック再び? コンパクトな「Remix Mini」が売り出される

 小型PC関連では、Jide TechnologyのAndroid系マシン「Remix Mini」が話題になっていた。価格は税込み1万1000円弱だ。

 同社がAndroidベースで開発した「Remix OS 2.0」をインストールしたPCで、Android系アプリをWindowsやMacのようなマルチウインドウ環境で操作できる。本体サイズは125(幅)×88(奥行き)×26(高さ)ミリの手の平大。Allwinnerの4コアCPU「Cortex-A53」や2GB DDR3メモリ、16GBのストレージを内蔵し、最大128GBまで対応するmicro SD/SDHC/SDXCカードスロットを備えている。HDMI端子のほか、有線LAN端子と2基のUSB 2.0端子を持つ。

Jide Technology「Remix Mini」

 入荷したパソコンハウス東映は「AndroidタイプのスティックPCはWindows搭載モデルの台頭で下火になりましたが、Remix Miniはそれでも売れる余地があるかなと思います。マルチウィンドウで操作できるうえ、1万円ちょっとで買えるので、試してみようと思う人もいるんじゃないかと」と盛り上がりを期待していた。

micro SD/SDHC/SDXCカードスロットやステレオ入力も背面に集約されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう