PC USER Pro
レビュー
» 2016年09月05日 07時30分 公開

くるくる巻き取れるBluetoothキーボード「KBB-710」は面白いが実用に耐えるのか?Windows/Android/iOSで試してみた(2/3 ページ)

[山口真弘,ITmedia]

3台のデバイスを専用キーで切り替え可能

 続いて、キーボードとしての基本的なスペックをチェックしておこう。

 KBB-710はBluetooth 3.0に対応しており、WindowsやMacといったパソコンだけでなく、iOS、Androidのスマートデバイスでも利用できる。キーピッチは16mmと、この手のモバイルキーボードとしてはかなりの余裕があり、窮屈さは感じられない。

 キーストロークは浅いが、パンタグラフキーを採用しているため、タブレットによくあるカバー一体型キーボードのようなゴムの感触ではなく、はっきりとした押しごたえがあるのも秀逸だ。最近のノートPCに広く採用されているアイソレーションキーボードに近いキータッチと言える。

 最大3台のデバイスをペアリングできるマルチペアリング機能を備えており、キーボード右端の「1」「2」「3」キーを押すだけで、接続先を切り替えられる。これらのキーは、Enterキーのさらに右側に用意されており、キーを押すと数秒後に指定のデバイスへ再接続される仕様だ。さすがに瞬時の切り替えはできないが、実用レベルの速度でストレスは少ない。

 同種のデバイスでは1つのボタンを繰り返し押すことで1→2→3と接続先をローテーションする製品もあるが、KBB-710では例えば「1」にiPad、「2」にAndroidスマートフォン、「3」にWindows PCをそれぞれペアリングしておくことで、目的のデバイスに素早く切り替えられるのが利点だ。

 ちなみに、デバイスを切り替えるためのキー押下時間は0.2秒以上とされている。2秒以上押すとBluetoothのペアリングモードになるので、あまり長押ししないよう注意が必要だ。

KBB-710 キーは5列仕様。ファンクションキーが最上段の数字キーと兼用になっている。全体的に違和感のないキー配置だが、Enterキーの形状と、Enterキーの右側に接続先の切り替えキーがあることだけは、慣れるまで若干苦労するだろう
KBB-710 パンタグラフキーを採用しており、しっかりとした押しごたえがある
KBB-710 デバイスの接続中はLEDが青色に点灯する

 実際に使ってみた限り、机上では問題ないのだが、膝の上や布団の上など、安定しない場所に置いて使うのは難しい。

 横1列のキーは同一のプレートで支えられているため安定感はあるのだが、上下の列は固定されておらず、常に曲がる構造なので、膝の上はもちろん、布団やクッションの上など、土台が不安定な場所ではキー入力がおぼつかないのだ。そうした環境での利用が必須であれば、別の製品を選んだほうがよいだろう。

スマホやタブレットを立てられるスタンドも内蔵

 背面には展開式のビルトインスタンドを備えており、実測で厚さ9mmまでのスマホやタブレットを立て掛けられる。同種のBluetoothキーボードでは、スタンドを別途用意しなくてはいけない製品が多いのに比べると、持ち歩きの荷物を少しでも減らしたい場合に向く。

 ただし、立て掛けたデバイスのチルト角度を調整する機能はないほか、厚さ9mmという制限はスマホやタブレットに保護ケースを付けた状態だと意外にオーバーしがちだ。ケースを付けたままでは立て掛けられない場合、別のケースに交換するなどの工夫が必要になるだろう。

KBB-710 展開式のビルトインスタンドを背面に備えており、スマホやタブレットを立て掛けられる
KBB-710 横から見たところ。スタンドにチルト角度の調整機能はない
KBB-710 実測で厚さ9mmまでのスマホやタブレットを立て掛けられる。保護ケースを付けたままでは、立て掛けられない場合もあるので注意したい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう