連載
» 2017年08月03日 17時00分 公開

「Flashの終わり」にWindowsはどう対応していくのか鈴木淳也の「Windowsフロントライン」(1/3 ページ)

Flash Playerのアップデートと提供が2020年末に終了となる。WindowsプラットフォームにおけるFlash技術とそのコンテンツ、対応サービスについて、今後の動向と対策をまとめた。

 米Adobe Systemsが2020年末に「Flash Player」のアップデートと提供を終了すると発表した。既に各方面で話題になっているこのニュースだが、今回はWindowsプラットフォームにおけるFlash技術とそのコンテンツ、対応サービスについて、今後の動向と対策をまとめていく。

Flash 2020年末に提供終了となる米Adobe Systemsの「Flash Player」

過去のものとなりつつあるFlashではあるが……

 Flash終了と聞いて「時代の節目か……」と感慨を抱いた方は多いかもしれないが、一方で「なくなると困る」と考えた方はそこまでいないかもしれない。

 実際、筆者の周辺環境を見てもWindowsマシンではFlashが有効化されてはいるものの、YouTubeをはじめ多くのサイトではHTML5のコンテンツを優先表示しているため、Flash Playerが実行される機会はほとんどない。

 MacはデフォルトではFlash Playerがインストールされておらず、そもそもSafariブラウザを利用する限りはプラグインが起動することがない。たまにFlashコンテンツ実行用に起動しているFirefoxブラウザでFlash広告の表示がブロックされて、そのサイトでFlashを利用しているのに気付くくらいだ。

 Android、iOS、Windows 10 Mobileといったスマートフォン向けのモバイルOSに至っては、そもそもFlashコンテンツ自体が実行されない。

 本連載では、2016年4月に当時のWindows 10大型アップデート「Anniversary Update(1607)」におけるEdgeブラウザでのFlashコンテンツ実行ポリシーの変更について紹介し、Webの世界から緩やかにFlashコンテンツが消えつつある状況を報告した。今まさに、それが現実になろうとしている。

 Adobeは7月25日(米国時間)に公式ブログで、現在はHTML5、WebGL、WebAssemblyといったFlashの代替となる技術が登場し、かつてプラグインによって提供されてきた機能がWebブラウザに包含されつつあることを報告した。

 また同社は、プラグインの排除が進むWeb業界のトレンドにおいて、最後のWebブラウザ向けプラグインとも呼べるFlash Playerの2020年での終了宣言(End Of Life:EOL)を出すにあたり、Apple、Facebook、Google、Microsoft、Mozillaといった業界のキープレイヤーとの協力を進めていると表明した。

 これを受け、米Microsoftは公式ブログでFlash終了に向けたWindowsプラットフォームにおけるロードマップを次のように示している。

  • 2017年〜2018年にかけて:EdgeはCreators Update(1703)の時点でFlashコンテンツの実行を「Click-to-Run(クリックして実行)」形式で制御しているが、ほとんどの初訪問サイトで同様の実行確認を逐次行う。Internet Explorer(IE)では特にFlashの実行に際して特別な制御は行わない
  • 2018年半ば〜末にかけて:EdgeではセッションごとにFlashの実行許可を求めるようになる。IEでは2018年を通して全てのサイトで引き続きFlashをそのまま実行できる
  • 2019年半ば〜末にかけて:EdgeならびにIEでのFlash実行をデフォルトで無効にする。ユーザーはなおFlashの実行を有効化できるが、この作業はサイト単位で指定しなければならない
  • 2020年末まで:EdgeならびにWindowsの全バージョンに提供されているIEでFlashの実行が無効化される。以後、ユーザーはFlashをブラウザ上で実行することはできない

VBScriptの利用も制限へ

 MicrosoftではFlashと並行して「VBScript」の利用も制限する方策を進めている。

 セキュリティ対応やレガシーサポートでは度々問題となるVBScriptだが、Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update(1709)」の提供のタイミングで、IE11におけるVBScriptの実行が「インターネット」と「制限付きサイト」の2つのセキュリティゾーンで禁止される。「イントラネット」と「信頼済みサイト」のみの利用に制限ということで、企業ユーザーに配慮した形だ。

 Fall Creators Updateを適用したWindows 10以外のバージョンを利用する全てのWindowsユーザーに対しても、後のIE11へのセキュリティアップデートで同様の対応をしていくという。

 これらは、2020年に控えるWindows 7の延長サポート終了に向けた地ならしの一環となる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  3. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  4. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  5. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  6. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  7. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  8. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
  9. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
  10. ポータブルゲーミングPCのポート不足はこれで解消! アイ・オーの「USB Type-Cドック」を使って分かったこと (2024年02月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー