ニュース
» 2017年08月21日 16時16分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:Radeon RX Vega 64発売 アキバの事前人気はマイニング目的が優勢 (2/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

マイニング向けもネットカフェ向けもいける個性派マザー「EX-B250-V7」がデビュー

 マイニング需要も一時期の熱狂は落ち着き、今後はどう転ぶか店員各氏もはっきりとは見えない状況になっている。そんななかで、「これは賢い」と高く評価されている新しいマザーがASUSTeKから登場した。

 B250チップセットを搭載したATXサイズの「EX-B250-V7」で、税込み価格は1万3000円弱。赤と黒のツートンカラーが印象的だが、評価は仕様の個性にある。PCIeスロットを合計6本備え、マイニング向けに使えるほか、基板全体に耐湿度コーティングを施し、CPUやメモリの抜き出しを防止するための固定具を備えるなど、ネットカフェ用マシンとしての強みも備えている。

ASUSTeK「EX-B250-V7」

 入荷したパソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「M.2スロットをあえて省くことで、B250でありながらPCIe x16/x4/x4構成を可能にするなど、思い切った仕様がいろいろ見られます。ここまで個性を尖らせたモデルはなかなかありませんよね。いずれの個性も実用的なので、マイニング用としてもネットカフェ用としても注目されるんじゃないかと思いますよ」とプッシュしていた。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のPOP

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう