ニュース
» 2018年02月14日 21時24分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:仮想通貨マイニング需要に陰り (2/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

GPU内蔵の「Ryzen 2000」シリーズが2モデルデビュー!

 CPUの新製品で注目されているのは、AMDのGPU内蔵CPU「Ryzen 5 2400G」と「Ryzen 3 2200G」だ。13日10時に発売され、税込み価格は2万1000円前後と1万4000円前後。

TSUKUMO eX.が先週末に掲げた販売告知POP

 2モデルともRadeon VegaシリーズGPUを内蔵するRyzen 2000シリーズ(開発コード名「Raven Ridge」)に属するCPUで、Socket AM4に対応する。

 Ryzen 5 2400Gは4コア、8スレッドで、クロック数は3.6GHz(ブースト3.9GHz)。GPUは1250MHzで動作する「Radeon Vega 11」を採用している。下位のRyzen 3 2200Gは4コア、4スレッドで、クロック数は3.5GHz(ブースト3.7GHz)。CPUは1100MHz動作の「Radeon Vega 8」だ。いずれもTDPは65Wだ。

 TSUKUMO eX.は「GPU内蔵のRyzenが欲しいという声はずっとありましたから、ヒットを期待しています。ただ、既存のSocket AM4マザーに組み込む場合はBIOSアップデートが必要になる点は注意が必要です」と話す。

TSUKUMO eX.の新しいRyzen 5と同3の価格表

 なお、ASUSTeKからはRyzen 2000シリーズ対応のB350マザー「TUF B350M-PLUS GAMING」が同じタイミングで登場している。税込み価格は1万3000円弱だ。

ASUSTeK「TUF B350M-PLUS GAMING」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう