第2世代Ryzenが4月19日22時に販売スタート古田雄介のアキバPickUp!(1/4 ページ)

» 2018年04月16日 15時22分 公開

「Ryzen 7 2700X」など4モデル&対応マザーも一斉発売の予定

 先週末、複数のショップで話題になっていたのは、コードネーム「Pinnacle Ridge」ことAMDの新世代Ryzenの発売告知だ。4月19日22時からの発売を明言するショップが相次いでおり、TSUKUMO eX.やパソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ドスパラ秋葉原本店が深夜販売イベントに名乗りを上げている。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の深夜販売告知

 販売予定は下記の4モデル。すべてグラフィックス機能を搭載しないモデルで、3月に登場した「Ryzen 5 2400G/3 2200G」と併売される。価格はまだ非公開ながら「現行の1000番台の入れ替わる程度」(某ショップ)という。

型番 コア数・スレッド数 クロック TDP
Ryzen 7 2700X 8コア・16スレッド ベース3.7GHz・ブースト4.35GHz TDP 105W
Ryzen 7 2700 8コア・16スレッド ベース3.2GHz・ブースト4.1GHz TDP 65W
Ryzen 5 2600X 6コア・12スレッド ベース3.6GHz・ブースト4.25GHz TDP 95W
Ryzen 5 2600 6コア・12スレッド ベース3.4GHz・ブースト3.9GHz TDP 65W

 また、対応するX470チップセット搭載マザーも同時に売り出される予定だ。新世代Ryzenは現行のX370等のマザーにも搭載可能だが、フル性能を引き出すにはX470が必要になる。

 ただし、入荷数はあまり多くならない見込みだ。ドスパラ秋葉原本店は「CPUはそこそこ入りそうですが、マザーが少なめでスタートしそうな気配があります」と話していた。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店も「最初はマザーの価格も高いでしょうしね。瞬間最大風速はおいておいて、現実的にコスパに優れたB350マザーあたりが売れ筋を続けるんじゃないかと思います」と推測する。

現行の売れ筋Ryzenマザーとなっている、ASUSTeKの「STRIX B350-F GAMING」。税込み1万5000円強だ

 約1年前、第一世代が登場した際は「10年に一度の逸材」と評されるほどの反響を受けたRyzen。今回もヒットを期待する声は多いが、某ショップは「そこまで大きな進化はないので、どこまでニーズが表に出てくるか。モノとしては優秀なのでじわじわ定番化することは間違いないでしょうけど、ロケットスタートが切れるかは本当分からないですね」と正直な予測を教えてくれた。フタが開いた後にも注目したい。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. ついに8K対応した「Insta360 X4」の画質をX3と1インチ360度版で比較 今買うべき全天球カメラだと確信した (2024年04月16日)
  2. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  3. 「JBL GO 4」でBluetoothスピーカーデビュー! 累計出荷台数5700万台を突破した人気製品の最新モデルを試す (2024年04月17日)
  4. AI対応でCore Ultraよりも高いパフォーマンスをアピール! 企業PC向け「Ryzen PRO 8000シリーズ」登場 (2024年04月16日)
  5. SwitchBotのミニプラグに不具合 「断続的にオン/オフを繰り返す、異音」などで該当製品の交換を呼びかけ (2024年04月17日)
  6. Synology「BeeStation」はNASより便利な一面も 家族の“秘密”も守れるストレージ、共有リンクや写真管理もある (2024年04月16日)
  7. 「ASUS ZenScreen MB16QHG」は従来モデルの弱点を解消した高評価の16型モバイルディスプレイだ (2024年04月16日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  10. NVIDIA、Ampereアーキテクチャを採用したシングルスロット設計のデスクトップ向けGPU「NVIDIA RTX A400/A1000」を発表 (2024年04月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー