ニュース
» 2018年08月24日 19時07分 公開

「テラステーションWSS」の一部に非対応HDDが混入 リビルドできない不具合

2017年8月〜2018年6月ごろに販売された機種が対象。

[ITmedia]

 バッファローが販売するWindows Storage ServerOS搭載NAS「テラステーションWSS」の一部ロットで、交換用HDDとの入れ替え時にRAIDの再構築ができなくなる不具合があることが分かった。

テラステーションWSSシリーズ(WS5400DN16S6)

 該当するのは、2017年8月〜2018年6月ごろに出荷された「WS5000N6」シリーズの一部機種。本来、物理セクタが4KBのHDDを使用するところ、物理セクタが512BのHDDが搭載されて出荷されていたため、交換用HDD(4KBセクタ)との入替え時にリビルドできないという不具合が発生する。なお、上記の問題が発生した場合でも、データ破損の影響はないと同社は説明している。

 該当機種は本体交換(自主回収)を受け付ける他、すぐに本体の交換ができないユーザーに対しては不具合の発生しない交換用HDDを用意する。使用している製品のHDDが4KBセクタか512Bセクタかは、「セクタ数判別フォーム」に製品シリアル番号を入力することで判別できる。

対象製品 対象シリアル番号
WS5400RN16S6 40409371000011〜40409371000127
WS5400RN16W6 40454271100019〜40454271100125、40454270800019〜40454270800200
WS5400DN16S6 40409980100010〜40409980100096
WS5400DN16W6 40454570800016〜40454570800207
赤枠がシリアル番号(WS5400RN16S6、WS5400RN16W6の場合)
赤枠がシリアル番号(WS5400DN16S6、WS5400DN16W6の場合)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう