第8世代Coreを採用した「Surface Laptop 2」登場

» 2018年10月03日 10時40分 公開
[ITmedia]

 「Surface Pro 6」同様、米Microsoftの新製品発表イベントでは、13.5型液晶を搭載するクラムシェルタイプのノートPC「Surface Laptop 2」も発表された。国内向けモデルの価格は13万6944円から(税込み)。同社の直販サイトでは既に予約受付が開始されており、10月16日に出荷される見込み。

「Surface Laptop 2」

 新モデルでは第8世代Coreが採用され最大85%高速化した他、事前のウワサの通り新色のブラックが追加されている。ただし、旧モデルのグラファイトゴールドは姿を消し、カラーバリエーションはバーガンディ、プラチナ、コバルトブルー、ブラックの4色になった。

ブラックを追加
カラーバリエーションはバーガンディ、プラチナ、コバルトブルー、ブラックの4色

 主なスペックは、13.5型PixelSenseディスプレイ(2256×1504ピクセル、201ppi)、8GBまたは16GBメモリ、128GB〜1TB SSDなど。インタフェースは、Mini DisplayPort、フルサイズのUSB 3.0、ヘッドフォン出力、Surface Connect端子などで、期待されていたUSB Type-Cの搭載は見送られている。この他、Windows Hello対応カメラやIEEE 802.11 a/b/g/n/ac対応無線LAN機能、Bluetooth 4.1を内蔵する。

 本体サイズは約308.1(幅)×223.27(奥行き)×14.48(高さ)mm、重量はCore i5搭載モデルが約1252g、Core i7搭載モデルが約1283g。バッテリー駆動時間は最大14.5時間だ。なお、米国の発表では価格が999ドルからとなっているが、日本向けはプラチナカラーで選択できるCore i5+128GB SSD搭載の最小構成モデルが13万6944円(税込)。ただしこちらはOffice Home & Business 2016が付属している。

動画が取得できませんでした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年03月03日 更新
  1. 「Chromebook Plus」って何だ? 「Chromebook」とは何が違う? ASUS JAPANの新モデルを試す (2024年03月01日)
  2. 初の2TB microSDXCカードがキオクシアから登場! 税込み6.7万円 (2024年03月02日)
  3. 最新の光造形3Dプリンタ「UniFormation GKtwo 12K」を使ってみた ビジネスパーソンとして知っておきたい技術 (2024年03月01日)
  4. キター! VAIO type Uライクなスライドキーボード搭載の「AYANEO SLIDE」をセットアップしてみた 中年のハートを鷲づかみする外箱も魅力的 (2024年02月29日)
  5. 新生活をアイ・オー・データ機器製PC周辺機器で始めよう! NASやディスプレイが最大30%もお得 (2024年03月02日)
  6. これからの思い出もこれまでのデータもたっぷり保存! ウエスタンデジタルの大容量ストレージがお得に買える (2024年03月02日)
  7. 漆黒がイカす! 「HHKB Professional」墨モデルが全品お得! (2024年03月02日)
  8. ゲオがGoogle TV搭載「4Kチューナーレス液晶TV」を発売 43型/50型の2サイズで約3.3万円から NetflixやAmazon Prime Videoも視聴可 (2024年02月29日)
  9. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  10. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー