ニュース
» 2018年10月15日 17時03分 公開

10月19日22時販売解禁――第9世代Coreはi5からの流れ古田雄介のアキバPickUp!(3/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

RTX 2080にROG STRIXの3連ファン搭載モデルが投入される

 グラフィックスカードでもASUSTeKが目立っている。先週登場したのは3連ファンを採用したGeForce RTX 2080搭載カード「ROG STRIX RTX2080-O8G-GAMING」で、税込み価格は13万円前後。同社のRTX 2080カードは「DUAL RTX2080-O8G」(税込み13万円前後)が先行して売り出されているが、STRIXブランドでは初のモデルだ。

ASUSTeK「ROG STRIX RTX2080-O8G-GAMING」

 入荷したTSUKUMO eX.は「STRIXブランドは指名買いが多いので、全体的に潤沢なRTX 2080カードのなかでも取り合いになるかもしれませんね。RTX 2080Tiならもちろんそうなりますが」という。ちょうど取材時に、ASUSTeKのRTX 2080Tiカード「DUAL RTX2080Ti-O11G」(税込み18万3000円強)が在庫していたうえでの発言だ。

「DUAL RTX2080Ti-O11G」の前に貼られたRTX 2080 Tiの文字には「入荷待ちです」の札がついたままだった

 RTX 2080 Tiの在庫状況はこれまでと変わらずシビアなままで、取材時は上記の在庫の他はドスパラ秋葉原本店でPalitの「GeForce RTX 2080Ti Gaming Pro OC」(税込み17万4960円)を見かける程度だった。

 某ショップは「入荷数が少なすぎて、需要の底が読めないんですよね。GTX 1080Tiほどではないはずなので、警戒しながら再入荷を待ち望んでいる感じです」と明かしてくれた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう