ニュース
» 2018年10月23日 21時29分 公開

ALIENWARE史上最軽量の15型ノートPC「m15」と第9世代Coreを搭載した「AURORA」が登場

ALIENWAREが年末商戦期向けの新製品として、第9世代Coreを採用したデスクトップPCと15型ゲーミングノートPCを発表。m15はALIANWAREの現行ラインアップで最軽量のモデルだ。

[ITmedia]

 デルは10月23日、年末商戦期向けの新製品として「ALIENWARE AURORA」の新モデルと、新しい15型ゲーミングノートPC「ALIENWARE m15」を発表した。同日行われた発表会には、米DellでALIENWAREのグローバルプロダクトマネジャーを務めるエディー・ゴヤネス氏が登壇し、新モデルの特徴を解説した。

ALIENWARE AURORAの新モデル。第9世代CoreとGeFroce RTX 20シリーズを採用した新システムに生まれ変わる。国内発売日は11月20日予定

 ゲーミングデスクトップPCのALIENWARE AURORAは、既存モデルのケースを引き継ぎつつ、内部アーキテクチャを刷新。先日発表された第9世代Coreと、GeForce RTX 20シリーズを採用するシステムに生まれ変わった。詳細なスペックは明らかにされていないが、最大で8コア・16スレッド動作のCore i9-9900K搭載モデルが用意される。なお、国内では11月20日の発売が予定されている。

エディー・ゴヤネス氏(米Dell ALIENWAREのグローバルプロダクトマネジャー)

 また、モデルチェンジにあわせて、イルミネーション設定やオーバークロック制御を行う専用ソフト「ALIENWARE Command Center」を再設計し、各機能を1つのユーザーインタフェースに統一している。「(新システムで)ピュアゲーミングだけでなく、4Kや録画、配信などゲーマーの可能性が広がった。最新のゲームからHTC VIVEやOculusなどのVRまで、AURORAがベストチョイスになる」(ゴヤネス氏)

FortniteをプレイしながらOBS Studioで配信するデモ。16スレッドで動作中

 一方、ゲーミングPCのALIENWARE m15は、これまでALIENWAREブランドで展開してきた13型から17型モデルのうち、ポータビリティを重視した13型に代替する形で投入される。このため、15型ディスプレイを搭載しつつも、ボディーの厚さは約21.1mm、重量は約2.16kgと、13型のAlienware 13よりも軽く、薄いのが特徴だ。また、ALIENWAREブランドで初めて狭額縁ディスプレイを採用している。

ALIENWARE m15

 CPUには第8世代Coreを採用、グラフィックスはGeForce GTX 1060(OC版)とGTX 1070 Max-Qの選択肢を用意。ディスプレイも4Kパネルや144Hz駆動のフルHDを選べる。

 連続動画再生時のバッテリー駆動時間は、オプションの90Whバッテリーで10.6時間、標準の60Whバッテリーで7.1時間となっている(なお、CPUとGPUへの負荷が高いゲームプレイ時の駆動時間は、(タイトルによっても異なるが)それよりもかなり短くなると予想される。バッテリーは着脱式ではなく単体販売もされないため、BTO選択時に選ぶ必要がある。カラーバリエーションはエピックシルバーとネビュラレッドの2色。ALIENWAREのノートPCで初めてレッドモデルが登場している。

GTX 1060とGTX 1070 Max-Qの性能比較。3DMarkのTime SpyとFire Strikeで30%ほどグラフィックスパフォーマンスが高い
外装はマグネシウム合金製。新色のネビュラレッドが加わった
背面
左側面
右側面
キーボードは10キー付き。キーストロークは約1.4mm
キーボードバックライトは4つのエリアに分けてイルミネーションをカスタマイズできる

 国内発売日は10月30日。構成別に4モデルを用意し、カスタマイズにも対応する。価格は18万4980円から(送料込み・税別)。

この他、15型ノートPCを収納できるALIENWAREブランドのバックパックも紹介された。未発表の製品で今週にも詳細が明らかになる予定。国内販売は検討中とのこと

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう