ニュース
» 2018年11月23日 11時34分 公開

週末アキバ特価レポート:860EVO 500GBが1万円切り! 冬ボの季節、3連休もSSD特価が目立つ (1/2)

特価POPに「冬のボーナス」の文字がみられるようになった3連休。各ショップの特価の中でもSSDが目立っているのはここ最近の傾向といえる。

[古田雄介,ITmedia]

 11月の3連休は各ショップが特価セールに力を入れているが、先週のレポートのようにSSDが目玉となる傾向はここ最近変わらない。

 ドスパラ秋葉原本店ではSamsungのNVMe M.2「970EVO」の500GBモデルが税込み1万8800円、2.5インチSATAモデル「860EVO」の500GBモデルが同9980円となっている。東芝の8TB HDD「MD05ACA800」も同1万9280円と値頃だが、主役はやはりSSDとのこと。同店は「最近はストレージ構成を500GB前後のSSD1枚で済ませる人も増えています。クラウドを活用して、オフラインは身軽にするというススタンスも珍しくなくなっていますしね」と語る。

ドスパラ秋葉原本店の特価POP

 その他、パソコンSHOPアークもIntelのNVMe M.2「SSD 760p」の512GBモデルを同1万5800円、Wilk Elektronikの2.5インチSATA「GOODRAM CX300」シリーズの480GBモデルを同9990円、960GBモデルを同1万9990円としている。また、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店はCrucialの2.5インチSATA「MX500」の500GBモデルが最安で同8618円となる。

 パソコンSHOPアークは「Core iシリーズの品薄傾向は今も変わらないですが、SSDやメモリ、microSDなどはかなりお買い得になっていますね。グラフィックスカードの掘り出し物もちょくちょく見つかります」とアピールしていた。

パソコンSHOPアークのSSD特価とmicroSDHC特価
パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のSSD特価
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう