ニュース
» 2019年01月29日 15時29分 公開

リコー、自由な形の電池を“デジタル印刷”で製造できる新技術を開発

リコーは、インクジェット技術を用いてリチウムイオン二次電池を自由な形状で製造できる技術を開発した。

[ITmedia]

 リコーは1月29日、インクジェット技術を用いてリチウムイオン二次電池を自由な形状で製造できる技術を開発に成功したと発表した。

photo 二次電池のデジタル印刷製造の概念図

 今回発表された製造技術では、リチウムイオン二次電池の主要部材の電極やセパレーターをインク化し、インクジェット技術を用いて重ねてデジタル印刷を行うことで自由な形状の二次電池を製造することができる。この技術を用いることで、IoTデバイスやウェアラブルデバイスなど、デザインや性能の多様化が予想されるデバイス向けの電池製造への柔軟な対応が可能になるとしている。

photo IoTデバイスやウェアラブルデバイスに実装した活用イメージ

 本技術を用いて製造した電池部材の提供や、デジタル製造の提案などは2019年度から開始していく予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう