ニュース
» 2019年02月12日 12時08分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:前評判に違わぬ売れ行きで「DeskMini A300」がデビュー (2/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「デモで買いだと判断した人が多いみたい」――RADEON VII

 AMD関連では、ゲーム用途では初の7nmプロセスで製造されたGPU「RADEON VII(ラデオン セブン)」を搭載したグラフィックスカードも同日2月8日の19時から売り出されている。複数のメーカーからレファレンスデザインモデルが登場しており、税込み価格は9万3000円弱から10万円弱だ。

発売前、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店に貼られていた発売告知POP
TSUKUMO eX.の入荷品価格表

 RADEON VIIは「Vegaアーキテクチャ」を採用した2世代めのGPUで、2017年8月に登場した「Radeon RX Vega 64」の後継となる。3840個のストリームプロセッサと60基のコンピュートユニットを備え、16GBのHBM2メモリを積んでいる。メモリバス幅は4096bitだ。

 ドスパラ秋葉原本店は「デモ機のベンチマーク情報が流れ、対抗のGeForce RTX 2080と比べた上で、『これは買いだ』という空気感が高まった感じです。AMD系のハイエンドユーザーの方を中心に注目されています」と語る。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店も「当初の予想よりも関心が高まっていると感じます」と話していた。

ASUSTeK「RADEONVII-16G」
ASRock「PG X Radeon VII 16G」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう