ニュース
» 2019年04月10日 15時35分 公開

アイ・オー、手のひらサイズのUSB外付けポータブルSSD

アイ・オー・データ機器は、コンパクトボディーを採用したUSB接続対応ポータブルSSD「SSPH-UT」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は4月10日、コンパクトボディーを採用したUSB接続対応ポータブルSSD「SSPH-UT」シリーズを発表、4月下旬に出荷を開始する。カラーバリエーションは“スモーキーブラック”と“ワインレッド”の2色展開で、それぞれに240GB/480GB/960GBモデルを用意した。価格は240GBモデルが7800円、480GBモデルが1万2200円、960GBモデルが2万2100円だ(税別)。

photo SSPH-UTシリーズ

 USB 3.1(Gen.1)接続に対応した外付け型SSDで、本体サイズ80(幅)×80(奥行き)×15(高さ)mm、重量約55gの小型筐体を採用した。転送速度は同社実測値で最大約350MB/s(240GB/960GBモデルは最大約340MB/s)だ。

photo

 USBバスパワー駆動に対応、対応OSはWindows 7/8.1/10、macOS 10.11〜10.14。またPlayStation 4/同 Proへの対応もうたわれている(240GBモデルは非対応)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう