PC USER Pro
ニュース
» 2019年06月25日 11時38分 公開

エプソンダイレクト、Quadro RTXも搭載可能なCAD設計向けハイスペックデスクトップ

エプソンダイレクトは、CAD設計向けをうたうハイスペック仕様のデスクトップPC「Endeavor MR8200 CAD設計Select」の販売を開始する。

[ITmedia]

 エプソンダイレクトは6月25日、CAD設計向けをうたうハイスペック仕様のデスクトップPC「Endeavor MR8200 CAD設計Select」を発表、本日から受注を開始した。基本構成価格は26万500円だ(税別)。

photo Endeavor MR8200 CAD設計Select

 第9世代Core搭載のミニタワー型PC「Endeavor MR8200」をベースにCAD設計を想定したハイスペック仕様を実現したモデルで、「AutoCAD 2019」「Solidworks 2018」「Creo Parametric 3.0」の動作確認済みとなっているのが特徴(Creo Parametric 3.0はWindows 10 Proの選択が必要になる)。CPUはCore i5-9600K〜同 i7-9900K、グラフィックスカードはQuadro P2000/同 RTX 4000を選択可能だ。

 基本構成選択時でメモリは16GB、ストレージは256GB SATA SSDを、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。本体前面からHDDの交換が可能な「HDD フロントアクセス」も標準装備している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう