ニュース
» 2019年07月03日 16時48分 公開

ビット・トレード・ワン、ラズパイ拡張基板を5枚まで同時接続できる拡張ボード

ビット・トレード・ワンは、Raspberry Pi/同 Zeroで利用可能な「ラズベリーパイ専用 GPIO スタック拡張ボード」の販売を開始する。

[ITmedia]

 ビット・トレード・ワンは7月3日、Raspberr Pi/同 Zeroで利用可能な「ラズベリーパイ専用 GPIO スタック拡張ボード」を発表、7月10日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は2980円前後(税別)。

photo ラズベリーパイ専用 GPIO スタック拡張ボード

 RaspberryPiと接続することで最大5枚までのGPIO拡張基板を同時に利用できる増設ボードで、Groveシステム(I2C/UART)対応センサーなどを利用可能なコネクターも装備した。

 また基板上にDCコネクターを備えており、RaspberryPi本体側と拡張基板にDC5Vによる安定した電源供給を行うこともできる(DCコネクター給電とUSBコネクター給電は排他)。

関連キーワード

Raspberry Pi


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう