プロナビ
ニュース
» 2019年08月01日 14時26分 公開

カスペルスキー、法人向けセキュリティソフト「Kaspersky Endpoint Security」最新版を提供開始

カスペルスキーは、同社製法人向けセキュリティソフト「Kaspersky Endpoint Security for Windows」「Kaspersky Security Center」の新バージョンを発表した。

[ITmedia]

 カスペルスキーは8月1日、同社製法人向けセキュリティソフト「Kaspersky Endpoint Security for Windows」「Kaspersky Security Center」の新バージョンを発表、本日提供を開始した。

 今回発表されたKaspersky Endpoint Security for Windowsの最新版(バージョン11.1.1)では、アダプティブアノマリーコントロールやAMSI保護プロバイダーといった次世代セキュリティ技術を利用した保護機能が追加。HTTPS通信のスキャンにも対応、HTTPS通信を用いた攻撃の検知とブロックが可能になっている。

photo Webコンソールのメイン画面例

  Kaspersky Security Centerは、Webブラウザでセキュリティ設定と管理を行えるWebコンソール機能を搭載。ユーザーインタフェースも改良され、視認性の向上やタッチ操作への対応が行われている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう