ニュース
» 2019年12月05日 13時19分 公開

ロジクール、第7世代iPad用のキーボード一体型ケース 薄型モデルと耐衝撃モデルの2タイプ

ロジクールは、第7世代iPad用のキーボード一体型ケース「RUGGED FOLIO」「SLIM FOLIO」の2製品を発表した。

[ITmedia]

 ロジクールは12月5日、第7世代iPad用のキーボード一体型ケース「RUGGED FOLIO」「SLIM FOLIO」(それぞれ型番はiK1054BKA、iK1055BK)の2製品を発表、12月20日に発売する。予想実売価格はそれぞれ1万8480円、1万4080円だ。

photo
photo RUGGED FOLIO(上)、SLIM FOLIO(下)

 2製品ともiPadとキーボードを一体化できるケースで、展開することでノートPC風スタイルで利用することが可能。キーボードはUS配列で、上段にはiOSの各種機能にアクセスできるショートカットキーを備えた。

 RUGGED FOLIOは高さ1.2mからの耐落下性能と防水/防塵(じん)性を備えたタフネスモデル。iPadとの接続はSmart Connector経由で、iPad側からの電源供給で駆動可能となっている。

  SLIM FOLIOは薄型タイプのキーボードカバー。従来モデルから材質を変更、クッション性のある新素材を採用している。接続はBluetooth LEに対応、バッテリーはコイン型リチウム電池×2を使用する(電池寿命は最大約4年の想定)。

関連キーワード

iPad | ロジクール | タフネス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう