ニュース
» 2019年12月12日 17時30分 公開

「Apple 川崎」先行レビュー 川崎駅直結でアクセス抜群

12月14日にオープンする「Apple 川崎」。日本では初めてのショッピングモール内に立地するApple Storeは、どのようなものなのだろうか。先行潜入してみた。

[井上翔,ITmedia]

 既報の通り、Appleは12月14日午前10時に直営店「Apple川崎」をオープンする。国内10店舗目(※)にして、初めてのショッピングモール内への出店となる。

(※)12月14日時点でオープンしている店舗数。閉店した店舗は含めない

 12月12日、報道関係者を対象とする同店の内覧会が行われた。その模様を簡単にお伝えする。

店舗外観 Apple 川崎の店舗外観。日本では初めてのショッピングモール内店舗となる

誰でも来やすい立地

テツさん Apple 川崎のストアリーダーを務めるテツさん

 Apple 川崎は、JR川崎駅の西口と直結しているショッピングモール「ラゾーナ川崎プラザ」(川崎市幸区)の2階にある「ルーファ広場」に面する場所に出店している。JR川崎駅から来る場合、改札を出て西口方面に進み、ラゾーナ川崎プラザの敷地内に入って広場にぶつかると右手に店舗が見えるはずだ。

 JR川崎駅は、東海道線、京浜東北線と南武線が集結する、川崎市内の交通の要衝の1つ。ラゾーナ川崎プラザは、休日になると電車やバスなどを使って多くの家族連れが訪れる。駅から歩いてすぐという立地である立地は、非常に魅力的といえる。

全景 Apple 川崎の店内。比較的小規模な店舗ながらAppleの主要製品はしっかりと取りそろえている

体験セッションは子どもや家族を意識したものが中心

 店内に入ると、大きなビデオウォールが出迎えてくれる。ビデオウォールの周辺は「Today at Apple」(各種セッション/セミナー)の会場となる「フォーラム(広場)」となっている。

フォーラム 入り口の正面にある「フォーラム」。Today At Appleが行われていない時間帯は休憩スペースとしても使える

 Apple 川崎で行われるToday at Appleは、想定される来店客を見越して子どもや家族を対象とするプログラムが多く用意されている。すでにWebサイトにおいて受講予約を受け付けているので、気になる人はチェックしてみよう。

セッション体験(その1)セッション(その2) 内覧会では、ARに関するセッションを体験する機会が設けられた

主要な製品を触って試せる Apple Watchはバンドの試着も可

 面積的には小規模なApple 川崎ではあるが、Appleの主要な製品は直に触れて試すこともできる。Apple Watchについてはバンドの試着コーナーも用意されている。

 ケースやアクセサリー類は、Apple純正のものはもちろんサードパーティー製のものも取り扱っている。一部のケースについては実際に試すこともできる。

iPhoneやMacの周辺機器たちiPad用カバーやMac用ケース 小規模ながら、サードパーティー製のものを含むケースやアクセサリーをしっかり取りそろえている
16インチMacBook ProiPad Pro 16インチMacBook Pro(左)やiMac Pro(右)も実機展示している
Apple Watch Edition Series 5着けられるやつ Apple Watchは「Hermes(エルメス)」以外の現行製品を全て取り扱う。試着コーナーも用意している
支払い方法 Apple 川崎で使える支払い方法

オープン日には記念品をプレゼント(先着順)

 オープン当日の12月14日には、先着順でオリジナルトートバッグがプレゼントされる。トートバッグにはApple 川崎のロゴが印字されている他、このロゴをあしらったピンバッジとステッカーも付属する。

パッケージ 12月14日に先着プレゼントされるトートバッグのパッケージ
中身 トートバッグには、ピンバッジとステッカーも付属する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう