ニュース
» 2020年01月04日 02時00分 公開

Lenovoがデジタルクリエイター向けの新ラインを投入――YogaとIdeaPad、液晶ディスプレイ2モデルCES 2020

Lenovoは1月3日(米国太平洋時間)、デジタルクリエイター向け新シリーズのPCと液晶ディスプレイを発表、2020年3月から順次発売していく。

[ITmedia]

 Lenovoは1月3日(米国太平洋時間)、デジタルクリエイター向けの新ライン「Creator」シリーズを発表した。新ラインはノートPCやデスクトップPC、液晶ディスプレイなどで構成されているが、ノートPCは北米以外の特定市場で発売される予定だ。

 同社では新シリーズを「Must-Have Devices for the Digital Creator」と題しており、コンテンツクリエイションのためにPCを用いている若い世代をターゲットにしているようだ。

Lenovo Yoga Creator 7 金属ボディーをまとった「Lenovo Yoga Creator 7」

ノートPCのLenovo Yoga Creator 7とIdeaPad Creator 5

 フルHD(1920×1080ピクセル)表示に対応した15.6型の液晶ディスプレイを搭載した「Lenovo Yoga Creator 7」は、近日発表されるIntelの第10世代Core i7プロセッサを搭載する。

 NVIDIAのGPUやDolby Atmos対応のスピーカーを内蔵し、ボディーサイズは約355(幅)×230(奥行き)×17.9(厚さ)mm、重量は約1.9kgと持ち運べる重量を実現するという。

Lenovo Yoga Creator 7 ボディーカラーはダーク・モスで、オプションでsRGBを100%カバーする15.6型の液晶ディスプレイを搭載する

 一方の「IdeaPad Creator 5」も、1920×1080ピクセル表示対応の15.6型液晶ディスプレイ(Adobe RGB 100%も選べる)と、第10世代Coreプロセッサ、およびNVIDIAのGPUを装備する。ボディーサイズは約359(幅)×249.6(奥行き)×25(厚さ)mm、重量は約2.2kgで、最大16GBのDDR4メモリや1TBのPCIe SSDを選択できる。

IdeaPad Creator 5 15.6型の液晶ディスプレイを採用した「IdeaPad Creator 5」
IdeaPad Creator 5 ボディーカラーはダーク・モスだ

 デスクトップPCの「IdeaCentre Creator 5」は、第9世代のCore i9プロセッサを備え、最大16GBのDDR4メモリとNVIDIA GeForce RTX 2060搭載グラフィックスカードなどを選択可能だ。価格は1099.99ドル〜で、発売は2020年10月の予定となっている。

IdeaCentre Creator 5 「IdeaCentre Creator 5」
IdeaCentre Creator 5IdeaCentre Creator 5 ボディーカラーはダーク・モスで、容積は約14Lだ

27型の液晶ディスプレイ2モデルを用意

 液晶ディスプレイは、「Qreator 27 Monitor」と「Q27h Monitor」という27型の2モデルが用意される。

 Qreator 27 Monitorは4K(3840×2160ピクセル)対応のIPS液晶ディスプレイで、液晶パネル全体を振動させてサウンドを奏でるLGのCrystal Sound Displayを採用する。また、10bitの色深度とDCI-P3の色域(98%)をサポートしている。

 さらにUSB Type-Cケーブル1本でPCと接続できる他、スタンド部に無線チャージ機能を装備する。発売は2020年3月で、価格は899.99ドルの予定だ。

Qreator 27 Monitor 4K表示に対応した27型ディスプレイ「Qreator 27 Monitor」

 Q27h Monitorは2560×1440ピクセル表示に対応したIPS液晶ディスプレイで、USB Type-CケーブルでPCなどと接続が可能だ。輝度は350ニットで、AMD Radeon FreeSyncテクノロジーをサポートする。発売時期は2020年4月で、価格は349.99ドルの見込みだ。

Q27h Monitor 2560×1440ピクセル表示に対応した27型ディスプレイ「Q27h Monitor」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう