プロナビ
ニュース
» 2019年09月06日 12時45分 公開

既存モデルもリフレッシュ:低価格ビジネスPC「ThinkBook」も第10世代Coreプロッセッサに刷新

Lenovoは9月5日(現地時間)、低価格ビジネス向けPC「ThinkBook」シリーズに2モデルを追加発表、既存モデルもIntelの第10世代Coreにリフレッシュする。

[ITmedia]

 Lenovoは9月5日(現地時間)、低価格ビジネス向けPC「ThinkBook」シリーズに2モデルを追加、既存モデルもIntelの第10世代Coreにリフレッシュする。いずれも11月に販売予定で、価格は665ユーロ〜だ。

ThinkBook 新型の「ThinkBook 14」

 今回発表された新モデルは「ThinkBook 15」と「ThinkBook 14」で、既存モデルの後継となる「ThinkBook 14s」と「ThinkBook 13s」とともに、先行して発表されたThinkPadシリーズと同様、Intelの第10世代Coreプロセッサを採用しているのが特徴だ。

ThinkBook 新型の「ThinkBook 15」

 現時点で詳細なスペックは不明だが、DDR4メモリにPCIe接続のSSD(Intel Optaine H10採用モデルもあり)を搭載し、Wi-Fi 6対応の無線LAN内蔵モデルも用意される。また、従来機と同様に指紋センサー付き電源ボタンや、物理シャッター(ThinkShutter)付きWebカメラを備えることで、セキュリティとプライバシーへの配慮を両立させている。いずれも中小企業をターゲットにしたモデルをうたっている。

 価格は、新型のThinkBook 15が665ユーロ〜、ThinkBook 14が675ユーロ〜、アップデートされるThinkBook 14sは749ユーロ〜、ThinkBook 13sは729ユーロ〜となっている。

ThinkBook いずれもボディーカラーはシルバーだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう