プロナビ
ニュース
» 2020年02月04日 13時05分 公開

次世代テプラシリーズの礎となる新モデル:キングジム、50mm幅印刷に対応した業務向きラベルプリンタの最上位モデルを投入

キングジムは、同社製ラベルプリンタ「テプラPRO」シリーズに50mm幅印刷対応モデル「SR-R7900P」を追加した。

[ITmedia]

 キングジムは2月4日、同社製ラベルプリンタ「テプラPRO」シリーズに50mm幅印刷対応モデル「SR-R7900P」を追加、2月20日に販売を開始する。価格は5万9800円(税別、以下同)だ。

photo SR-R7900P

 PCおよびスマートフォンとの接続に対応したラベルプリンタで、新たに50mm幅テープの印字に対応。また新開発の45m巻きの「EX ロングテープカートリッジ」を利用でき、一度に大量の印刷を行うことが可能となっている。

 印刷速度も高速化しており、従来最上位モデルの「SR5900P」比で約1.4倍の印刷が可能だ。さらに、従来モデルでは実現していなかったユーザー自身でのカッター刃の交換にも対応している。

 ボディーサイズは約193(幅)×198(奥行き)×144(高さ)mm、重量は約2.9kg(テープを除く)と大型化した。接続インタフェースはUSB有線接続の他に有線LAN/無線LAN接続をサポート。専用ソフト(Windows用、Mac用、スマートフォン用アプリを用意)を用いることで出力が可能だ。

次世代テプラシリーズの礎となる新モデル

 同日開催された発表会では、同社 常務取締役 開発本部長 亀田登信氏が「これまでのテプラシリーズで使われていた36mm幅を、大幅に上回る50mm幅とすることで、複数行表示や東京2020オリンピック・パラリンピックで必要となる多言語表示にも対応した。さらに45m巻きのEXロングテープカートリッジにも対応することで、業務用途での大量印刷にも応えることができるようになった」と新モデルをアピールした。

テプラPRO キングジム 商品開発部 畑山優貴氏(左)と同社 常務取締役 開発本部長 亀田登信氏(右)
テプラPRO テプラシリーズで初めて50mm幅に対応した
テプラPRO 印刷可能な幅は約47.9mmとテープを無駄なく活用できる他、複数行の表示も柔軟に対応できるようになった
テプラPRO 別売のEXロングテープ専用ケースと併用することで、45m巻きのテープも利用できる
テプラPRO 従来の8m巻きに比べて、コストパフォーマンスも優れるという

 専用のPCラベルソフト「SPC10」(Windows用)を使えば、PCで自由にレイアウトを組め、表などの流し込み印刷やGoogle翻訳を使った翻訳機能なども利用できる。スマートフォンアプリ「TEPRA LINK」(iOS/Android対応)や、「SMA3」(macOS用)搭載機でも利用できるが、SPC10ほど多機能ではない。

テプラPRO Windows用のPCラベルソフト「SPC10」。macOS用のSMA3でも50mm幅の印刷は可能だが、機能面ではSPC10にかなわない

 EXロングテープ専用ケースはオプション(3100円)で、SR-R7900Pに隣接させて使う形だ。内部にカートリッジ収納スペースも用意されている。EXロングテープカートリッジは長さが45mで、テープ幅12mmの価格が7200円、50mmの価格が1万4000円だ。

 詰め替え用EXロングテープ(長さは45m)は白と黄色のテープ色が用意され、テープ幅と価格はそれぞれ12mm(4600円)/18mm(6200円)/24mm(6200円)/36mm(8800円)/50mm(1万2000円)だ。

テプラPRO 新モデルのSR-R7900P(左)と別売のEXロングテープ専用ケース(右)
テプラPRO カバーを開けたところ。EXロングテープ専用ケース内にロングテープカートリッジを収納できるスペースがある
テプラPRO ユーザー自身でカッター部分を交換できる用になったのも新モデルの特徴だ
テプラPRO 交換用カッターはそれぞれ3400円となっている
テプラPRO 50mm幅テープカートリッジのラインアップ。こちらは、長さが1.5m〜8mとさまざまだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう