ニュース
» 2020年03月05日 15時38分 公開

東プレ、ゲーミング用途にも向くUSB有線マウス「REALFORCE MOUSE」を発表

東プレは、同社初のPC用マウス製品「REALFORCE MOUSE」の発表を行った。

[ITmedia]

 東プレは3月5日、同社初のPC用マウス製品「REALFORCE MOUSE」を発表、3月19日頃から順次販売を開始する。価格はオープンだ。

photo
photophoto REALFORCE MOUSE(上/左下)、専用ソフト画面(右下)

 USB 2.0接続に対応した有線式マウスで、側面ボタンおよびDPI切り替えボタンを含む計6ボタンを搭載。左右ボタンには高耐久性が特徴の静電容量無接点スイッチを採用し、優しい押し心地と静音性を実現した。

 センサーにはゲーミングマウスにも採用されているPixArt PMW3360センサーを採用。センサー解像度は4段階(標準で400/800/1600/3200DPI、専用ソフトで最大1万2000DPIまで設定可能)に切り替えが可能だ。

 本体サイズは67(幅)×122(奥行き)×42(高さ)mm、重量は約83g(ケーブル含まず)。

関連キーワード

マウス | 東プレ | ゲーミングマウス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう