レビュー
» 2020年07月22日 11時00分 公開

リフレッシュレートは300Hz! 憧れのゲーミングノートPC「ROG Strix SCAR 15」を試す (1/3)

ASUS JAPANから「ROG Strix SCAR」シリーズの第10世代Coreプロセッサ搭載モデルが登場した。同シリーズとしては、液晶ディスプレイが17型の「ROG Strix SCAR 17」と15.6型の「ROG Strix SCAR 15」があるが、今回紹介するのはROG Strix SCAR 15だ。

[作倉瑞歩,ITmedia]

 ASUSのゲーミングノートPCは、いくつかのラインアップに分かれているが、今回紹介する「ROG Strix SCAR 15」は、BMW Designworksとのコラボによる独特なボディーデザインを採用したハイエンドクラスのゲーミングノートPCだ。

 試用したのは、CPUにCore i9-10980HK(開発コード名:Comet Lake、8コア16スレッド、2.4GHz〜5.3GHz)、GPUはGeForce RTX 2070 SUPER(グラフィックスメモリは8GB)を備えた上位モデル(G532LWS-I9R2070S)だ。メモリは32GB(DDR4-3200)で、ストレージは1TBのM.2NVMe SSDが2基搭載されており、これがRAID 0で構成されているので、PC側からは2TBのストレージとして認識される。

 ボディーサイズは約360(幅)×275(奥行き)×21〜24.9(厚さ)mmとそれなりにあるが、重量は約2.35kgと手にしたときには数値以上に軽く感じられる。

ROG Strix Scar 15 新たに投入された15.6型のハイエンドモデル「ROG Strix SCAR 15」

300Hzのハイリフレッシュレート液晶ディスプレイを装備

 ROG Strix SCAR 15のスペックで1番目を引くのは、やはり液晶ディスプレイだろう。サイズは15.6型とゲーミングノートPCでは標準的だが、応答速度は3ms、リフレッシュレートは何と300Hzだ。ノートPCのディスプレイもついにここまで来たのかといいたくなる。最近発売されているモデルでは、最低でも144Hz、ミドル〜ハイエンドで240Hzなので、その高いリフレッシュレートには驚くばかりだ。これからは300Hzが超ハイエンドモデルには搭載される、といったところだろうか。

 この他のスペックだが、2019年あたりに発売されたモデルからは標準となったWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)とBluetooth 5.0に対応する。キーボードはフルカラーRGBで光る89キー英語キーボードとなっている。タッチパッドにはASUSの他機種でも用意されているNumpadを標準で装備。タッチパッドの右上を1秒間長押しすると、タッチパッドがテンキーに切り替わる。

ROG Strix Scar 15 画面解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)対応で、リフレッシュレートが300Hzとなる
ROG Strix Scar 15 キーボードは英語キーボードで、日本語配列モデルは用意されていない
ROG Strix Scar 15 タッチパッドがワンタッチでテンキーに切り替わるNumpadを備える

 本体の吸排気は、底面から吸って側面と背面に流す仕組みだ。搭載されるCPUがTDP 45WのCore i9となると、発熱量もすごいことになると予想されるが、ゲームなどをプレイすると内蔵のファンが回り、空気の熱量が高い排気となるものの、キーボード面は触ってもほとんど熱を感じない。排気口があるヒンジ側などは特に熱くなりがちだが、試用した範囲ではそのようなことは全くなかった。

ROG Strix Scar 15 底面の吸気口。ROGの文字が見える
ROG Strix Scar 15 キーボードだけでなくサイドも光る。右側面には、専用の物理デバイス「キーストーンII」の挿入口がある。キーストーンIIになり、特定のゲームやアプリの起動を指定したり、挿入時のアクションをカスタマイズできたりするようになった
ROG Strix Scar 15 USBで接続されるキーストーンIIが標準で付属している。設定ファイルなどを記録しておき、キーストーンを利用できる他のモデルに装着すると、記録されている設定を流用可能だ

 本体のインタフェースだが、左側面にUSB 3.0(Type-A、Gen1)が3基とヘッドフォン/マイク端子、背面には有線LAN用のRJ-45端子とHDMI端子、USB 3.1(Type-C、Gen2)ポート、電源コネクターが用意されている。ちなみに、USB Type-C端子はデータ転送と映像出力にも対応するが、USB Power Deliveryの機能は利用できない。

 細かいところでは、メモリーカードスロットやWebカメラは内蔵していない。個人的には、写真データなどでSDメモリーカードやmicroSDカードをPCに差して使うことが多いが、この辺りの割り切りがROGシリーズならではというところだろう。

ROG Strix Scar 15 左側面には、左から3基のUSB 3.0端子、ヘッドフォン/マイク端子が並ぶ
ROG Strix Scar 15 背面には、左から有線LAN端子、HDMI端子、USB 3.1(Type-C、Gen2)端子、電源コネクターが用意されている
ROG Strix Scar 15 前面にインタフェースはないが、こちら側も派手に光る
ROG Strix Scar 15 液晶ディスプレイは、最大ここまで開く
ROG Strix Scar 15 ACアダプターは大柄だが、見た目ほどは重くない

 早速、ベンチマークテストで本機のパフォーマンスを見ていこう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう