ニュース
» 2020年08月07日 13時00分 公開

「macOS Big Sur」のパブリックβテスト開始 製品版は2020年秋予定

Appleが、新しいmacOSのパブリックβテストを開始した。簡単な登録で利用できるが、NDA(秘密保持契約)条項を含む契約に同意する必要がある。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは8月6日(米国太平洋夏時間)から、「macOS Big Sur」のパブリックβテストを開始した。同OSの対象機種を持っているユーザーは簡単な手続きで利用できるが、機密保持契約(NDA)を含む契約への同意が必要となる。

macOS Big Sur

パブリックβテストへの参加方法

 パブリックβテストに参加するには、手持ちの「Apple ID」を使って「Apple Beta Software Program」に登録する必要がある。具体的な手順は以下の通り。

  1. Beta Software ProgramのWebサイトにアクセスする
  2. 「登録」または「サインイン」をクリックする
  3. Apple IDでログイン
  4. 契約(利用規約書)が表示されたらよく読んだ上で「承諾」をクリックする(スクロールすると日本語版あり)
  5. 指示に従ってアップデート操作を行う
同意 パブリックβに参加するには、契約に同意する必要がある。冒頭に英語版の契約が表示されるが、スクロールすると日本語の契約もある。手元に内容を残しておきたい場合は、PDFファイルとして保存することも可能だ

パブリックβテスト利用上の注意

 先述の通り、パブリックβテストに参加するにはNDAを含む契約に同意する必要がある。NDAが有効な事項はAppleが一般向けに公開している技術情報“以外”の全ての情報となるため、Appleからの特別な許可を得ない限り、以下のような行為は禁止されている。

  • 画面を撮影した写真や動画の共有、公開(スクリーンショットを含む)
  • β版を入れた端末の画面を他人に見せること(同じテストに参加している人を除く)
  • β版に搭載されているソフトウェアについて他人と話すこと(同上)
公開内容 Apple Beta Software Programでは、Appleが一般に公開している技術情報以外は全てNDA対象となる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう