連載
» 2020年06月23日 11時00分 公開

Macが独自プロセッサ「Apple Silicon」に移行し、Intelと決別する理由本田雅一のクロスオーバーデジタル(1/3 ページ)

ウワサは本当だった。AppleがWWDC 2020の基調講演で自社開発プロセッサの「Apple Silicon」をMacに採用し、2年をかけてIntel x86アーキテクチャから移行すると発表したのだ。その狙いはどこにあるのだろうか。

[本田雅一,ITmedia]

 米Appleは6月22日(現地時間)、年次開発者会議の「WWDC 2020」を同社初となるオンライン形式で開催した。WWDCとはWorldwide Developers Conferenceの略だ。

 基調講演を聴く限り、iPhoneの基礎となるiOS、Macの基礎をなすmacOSの大きなアップデートが目立つ他、プライバシー関連やデバイス間連携など、例年にも増してプラットフォームの大幅な強化が図られているが、「Macのプロセッサが米IntelのアーキテクチャからApple独自のものへと移行すること」が、最も大きなテーマであることは間違いない。

WWDC20 WWDC 2020基調講演で語る米Appleのティム・クックCEO。「今日はMacの歴史が変わる歴史的な日」として自社開発プロセッサ「Apple Silicon」のMacへの採用と移行計画を発表した

用意周到だった「Apple Silicon」への道

 今後、WWDCの取材を進めていく中で詳細が明らかになっていくだろうが、Appleは数年間をかけてこのプロジェクトに打ち込んできたようだ。

 年内には自社開発プロセッサの「Apple Silicon(アップルシリコン)」(Armアーキテクチャという言い方をしていないのは、CPUコア以外の要素も大きいためだろう)を搭載したMacを発売するとも予告した。今後も従来のIntel製プロセッサを搭載したMacを発売するが、およそ2年をかけてApple Silicon搭載Macへと移行する計画だ。

 Appleは開発者が先行してApple Siliconに対応するアプリを開発できるよう、iPad Proにも搭載されている自社開発プロセッサ「A12Z Bionic」をMac miniの筐体に搭載した開発用ハードウェア「Developer Transition Kit(DTK)」を開発者に向け500ドルで提供するとも発表した。

 このDTKには、macOS次期バージョン「macOS Big Sur(ビッグサー)」の開発用β版、Xcodeが含まれる。入手するには「Universal App Quick Start Program」への参加が必要だ。出荷は今週にも始まる。

WWDC20 Mac miniのボディーにA12Z Bionicを搭載した開発者向けの「Developer Transition Kit(DTK)」

過去のCPUアーキテクチャ移行とは異なる必然

 昨年、米Microsoftは米Qualcommと共同開発したプロセッサ「SQ1」を搭載した2in1のWindowsデバイス「Surface Pro X」を発表。Windows 10をAndroidスマートフォンで使われているArmアーキテクチャに移植したが、その処理能力は前世代の「Surface Pro 6」の3倍に達すると発表していた。

 AppleがMacの心臓部を、自社開発プロセッサへと移行させる時期と重なっていることは、恐らく偶然ではない。必然的な流れだ。

 かつてAppleはMacに搭載するプロセッサのアーキテクチャを2回変えている。最初(1984年)は米Motorolaの680x0系を採用していたが、1994年に米IBMおよびMotorolaと共同開発したPowerPCへ移行、その次は2006年でPowerPCから現在のIntel x86への移行だ。

WWDC20 これまでMacには、PowerPC、Mac OS X、Intelプロセッサといった3度の大きな移行があった。Apple Siliconは4度目の大きな移行となる

 この2回の移行は、いずれも止むに止まれぬ事情がそうさせてきた。680x0系は性能向上の道が事実上閉ざされていき、PowerPCもx86アーキテクチャとの生存競争に負けた。Macが生き残るために、いずれも移行せざるを得ない状況だったのだ。

 しかし今回のApple Siliconへの移行は異なる。いまだにIntelの開発するプロセッサは世界中のパソコンで使われ、世の中の9割を占めるWindows PCを含めてIntel x86アーキテクチャの上で動作しており、業界の中心だ。

 しかし言い換えれば、Intelが開発しているプロセッサの大多数はApple以外のメーカーも採用しており、その設計トレンドでイニシアチブを取ることはできない。Apple自身がイニシアチブを取れなかった時期ならば、それでもIntel製プロセッサを採用することの方が利点は大きかった。

 しかし、iPhone、iPad向けに過去10年で20億個の独自プロセッサを生産・採用してきた現在のAppleならば、自分たちで未来を作っていける。その方が、ユーザーにとってより良い体験をもたらすことができるからだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう