プロナビ
ニュース
» 2020年08月19日 11時00分 公開

「8K映像編集PCシステム」を発売:Dynabookが新型4Kモバイルノートと外部GPUボックスをセットで提供

Dynabookが、新型ノートPCと外付けGPUボックスをセットにした「8K映像編集PCシステム」を発売する。Webでの見積もり販売となり、動画編集ソフト(Adobe Premiere Proを推奨)は別売となる。

[井上翔,ITmedia]

 Dynabookは8月19日、「8K映像編集PCシステム」の受注を開始した。新型の15.6型モバイルノートPC「dynabook Z95」、Thunderbolt 3接続の外部GPUボックス「AKiTiO Node Titan」と、NVIDIAのGPU「Quadro RTX 4000」搭載グラフィックスカードをセットにした製品で、ソリューションとしてWebで見積もり販売される。想定価格は40万円台からで、動画編集ソフトウェアは別途用意する必要がある。なお、推奨ソフトウェアである「Adobe Premiere Pro」を合わせて購入することもできるという。

8K映像編集PCシステム 8K映像編集PCシステム

8K映像編集PCシステムの概要

 Dynabookの完全親会社となったシャープは「8K+5GとAIoTで世界を変える」という事業ビジョンを掲げている。8K映像編集PCシステムは、シャープの「8K+5Gエコシステム」の中で映像の編集を担当するソリューションとして投入される。

 8K(7680×4320ピクセル)で撮影された動画を編集する場合、CPUとGPU共にハイエンドなものを求められる。メモリやストレージの容量は多い方が良く、ハイスピードな方がベターだ。

 デスクトップPCであればハイエンド環境を構築しやすいが、持ち運びは難しい。モバイル向けCPU/GPUの性能向上も手伝って、単体でも動画編集を行えるだけの性能を持つクリエイター向けノートPC(あるいはゲーミングノートPC)も充実してきたが、一般的なモバイルノートPCと比べるとサイズと重量の両面で持ち運びづらいことには変わりない。

 そこでDynabookは「強力なCPUやGPUを搭載するオールインワン(AIO)PCの投入も検討した」(担当者)が、これまで培ってきた技術や強みをより生かすべく、モバイルノートPCとGPUボックスを組み合わせるソリューションを提案することにしたという。「外では軽い編集、家やオフィスではガッツリ編集する」(担当者)という使い方を想定している。

強みを生かす Dynabookの強みを生かすべく、モバイルノートPCとGPUボックスを組み合わせるソリューションを提案する(Premiere Proは別売)
課題 今回の8K映像編集PCシステムにより、従来のソリューションが抱えていた課題を解決できるという
提案 オフィスや自宅、外出先で使い方を変えることで、モビリティーとパフォーマンスを両立できるという

dynabook Z95の概要

 dynabook Z95は15.6型ノートPC「dynabook Zシリーズ」の新製品で、今回発表されたソリューションの中核を担う。「Microsoft Office Home & Business」が付属するモデルと付属しないモデルを取りそろえるが、発表時点において単体販売される予定はないという。

dynabook Z95(正面)
dynabook Z95(背面) dynabook Z95

 CPUはCore i7-10710U(1.1G〜4.7GHz、6コア12スレッド)で、メインメモリは32GB(16GB×2)、SSDは1TB(PCI Express接続)を備える。ディスプレイは4K(3840×2160ピクセル)対応の15.6型IGZO液晶を搭載している。

 インタフェース類は、左側面にUSB 3.0 Type-A端子×2、マイク/イヤフォンコンボジャックを、右側面にHDMI出力端子、Thunderbolt 3(USB 3.1 Type-C)端子×2、microSDメモリーカードスロットを備えている。Thunderbolt 3端子は、DisplayPort Alternate Modeによる映像入力と、USB Power Delivery(USB PD)による電源入力を兼ねている。

 無線通信はWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)とBluetooth 5.0に対応している。その他、USB接続のワイヤレスマウス(Blue LED方式)も付属する。

 ボディーサイズは約359(幅)×250(奥行)×17.6(高さ)mmで、重量は約1.425 kgとなる。バッテリーは最長で11時間(JEITA 2.0基準)持つ。

左側面 左側面
右側面 右側面

付属するGPUボックスとグラフィックスカードの概要

 GPUボックス「AKiTiO Node Titan」には、フルレングス(最大32cm)、フルハイト(最大17cm)、ダブル幅(最大2.5スロット分)のPCI Express接続のグラフィックスカードを搭載できる。内蔵電源は650Wで、グラフィックスカードに最大500W(6+2ピン×2)、USB PD対応機器に最大85Wの電力を供給可能だ。もちろん、dynabook Z95への電源供給にも対応している。

 天面には持ち運び用のハンドルが付いており、ある程度の持ち運びも考慮されている。

AKiTiO Node Titan
AKiTiO Node Titan AKiTiO Node Titan

 ボックスにはあらかじめ、「8K動画を編集して出力できる上、Premiere ProのISV認定を取得している」(担当者)ことから選定されたQuadro RTX 4000がセットされている。グラフィックスメモリは8GB(GDDR6)で、映像出力はDisplayPort 1.4を3系統、VirtualLink(USB Type-C)を1系統備えている。

 このシステムに付属するAKiTiO Node Titanは市販品と同一仕様で、Quadro RTX 4000以外のグラフィックスカードも搭載できる。ただし、Dynabookでは標準搭載されているQuadro RTX 4000以外の組み合わせでの動作は保証しない。

内蔵して出荷 AKiTiO Node TitanはQuadro RTX 4000が装着された状態で出荷される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう