ニュース
» 2020年08月11日 13時10分 公開

シャープがDynabookの株式を全数取得 100%子会社に

東芝が、保有していたDynabookの株式を全数シャープに譲渡したことを発表した。これにより、Dynabookはシャープの完全子会社となった。

[井上翔,ITmedia]

 東芝は8月4日、同社が保有していたDynabookの株式の全数をシャープに譲渡したことを発表した。これにより、Dynabookはシャープの完全子会社となった。

東芝 東芝のニュースリリース

 企業としてのDynabookのルーツは、東芝のPC事業にある。東芝は2016年4月、事業構造改革の一環として、PC事業を会社分割で子会社の東芝情報機器に譲渡し(参考記事)、東芝情報機器は「東芝クライアントソリューション(TCS)」に社名を変更した。

 その後、2018年10月にシャープがTCSの株式の80.1%を取得し子会社化し(参考記事)、2019年1月から「Dynabook」と社名を変更した(参考記事)。

 シャープによるDynabookの完全子会社化は、東芝からTCS株式を譲受する際に結んだ契約に盛り込まれていた「コールオプション(株式の買い増し請求権)」を行使した結果となる。シャープは2021年度(2021年4月)から新しい中期経営計画のもと事業を推進する予定となっている(参考リンク:PDF形式)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう