ニュース
» 2020年09月28日 13時45分 公開

日本eスポーツ連合が“参加料徴収型”ゲーム大会のガイドラインを制定

日本eスポーツ連合は、風営法などに違反しない形でのゲーム大会の運営指針を示した「JeSU参加料徴収型大会ガイドライン」の制定を発表した。

[ITmedia]

 日本eスポーツ連合はこのほど、風営法などに違反しない形でのゲーム大会の運営指針を示した「JeSU参加料徴収型大会ガイドライン」の制定を発表した。

photo

 「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(風営適正化法)に該当しない形での参加料徴収型大会の範囲を規定したもので、警察庁とも折衝を重ねた上で明確化を行った。本ガイドラインに従うことにより「ゲームセンター等営業に該当しない参加料徴収型大会の開催が可能になる」としている。

 またeスポーツ大会の開催を促進策として、大会実施にあたり留意すべき法規制のポイントをわかりやすくまとめた「eスポーツ大会かんたん開催マニュアル(仮称)」を作成、近日中に公開を開始する予定だ。


 また同団体のスポンサーとしてマウスコンピューターが参加を発表。さらなるeスポーツの普及と発展に取り組んでいくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう