未来を創る「子どもとプログラミング教育」
ニュース
» 2020年12月11日 16時45分 公開

シャープが「Dynabook」ブランドのChromebookを2021年2月以降に発売 GIGAスクール構想準拠でLTE通信対応

シャープが、子会社のDynabookと共同開発したChromebookを発表した。GIGAスクール構想に準拠した仕様となっており、LTE通信機能を内蔵していることが特徴だ。

[井上翔,ITmedia]

 シャープは2021年2月以降に、11.6型のコンバーチブル型2in1 PC「Dynabook Chromebook C1」を発売する。同社の子会社であるDynabookと共同開発した製品で、GIGAスクール構想に準拠した仕様となっている。

Dynabook Chromebook C1 Dynabook Chromebook C1

 CPUはQualcommの「Snapdragon 7c」で、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは32GBを備えている。Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)やBluetooth 5.1の他、LTE通信機能も内蔵しているため、自宅に固定インターネット回線がない環境でも利用できることが特徴だ。

 ディスプレイは11.6型TFT液晶で、マルチタッチ操作とペン操作に対応している(充電式のスタイラスペンは別売)。解像度は1366×768ピクセルとなる。

 カメラは画面側(インカメラ)とキーボード側(アウトカメラ)の2基を搭載している。インカメラは約100万画素で、HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影に対応している。アウトカメラは500万画素で、屋外の観察授業にも便利に使えるという。

 ポート類は、USB 3.1 Type-A端子、USB 3.1 Type-C端子、nanoSIMスロット、microSDスロットとイヤフォン/マイクコンボジャックを備えている。

 本体サイズは約286(幅)×206(奥行き)×19.8(厚さ)mmで、重量は1.35kg以下となる予定だ。。

テント テントスタイルにした様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう