プロナビ
ニュース
» 2021年05月28日 12時00分 公開

ハンパない5K映像の没入感に浸る――「VIVE Pro 2」に触ってきた(2/2 ページ)

[作倉瑞歩,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ビジネス向けのソリューションも展開

 VIVE Pro 2の発表と合わせて、「VIVE Business」についても公開されているが、日本での展開は今後発表される見込みだ。

 概要をまとめると、VIVE Businessとは名前の通りビジネス向けのVRソリューションで、「VIVE Businessデバイスマネジメントシステム」、「VIVE Businessトレーニング」、「VIVE Businessストリーミング」、「VIVE Sync」を含んだVRツールのことを指す。

VIVE Pro 2 VIVE Business

 VIVE Businessデバイスマネジメントシステムでは、スタンドアローンとPC接続型のVRヘッドセット両方のデバイスを一括管理。主要なソフトは統合化されており、社内のコンテンツやアプリを簡単に利用できるようにする。

 VIVE Buisinessトレーニングは、VRを利用したユーザートレーニングを行う仕組みだ。Androidデバイスを通じて受講生の状況を管理しているので、トレーニングしている際にユーザーに困りごとが起こったら、その画像を手元で見つつ指示を出すことができる。

 さらに、最大300台程度までのマネジメントが可能で、各端末の電池やメモリ状況なども管理できるという。VIVE BuisinessトレーニングではVIVE Businessストリーミングにより提供されるが、現在は有線のみの接続であるのに対して、将来的にはワイヤレスでの提供を目指すとしている。

 VIVE Syncは、リアルに近いアバターとVR空間内でビジネスについて話したり、プレゼンテーションできたりする仕組みで、現在はβ版として提供されている。仕事で利用しているPowerPointだけでなく、3D形式のコンテンツまで全てVIVE Syncで利用可能だ。最大で30人までがVIVE Syncを使うことができる。

VIVE Pro 2 β版で提供中の「VIVE Sync」

 この他、法人専用のコンテンツポータルとして「VIVE Business AppStore」が用意される。企業がVRソリューションを作りたいと思ったときに、信頼できる開発パートナーに簡単にアクセスできるようにするものだ。ワールドワイドでの展開となるため、日本の開発企業にも世界中からのオファーが期待できる。今後の発表が楽しみだ。

VIVE Pro 2 「VIVE Business AppStore」の概要
VIVE Pro 2 現状で参加を表明しているパートナー

「VIVECON Japan 2021」を開催

 5月11日に開催された「VIVECON 2021」を受けて、日本でも「VIVECON Japan 2021」が6月11日〜12日の期間で開催される。

VIVE Pro 2 イベントナビゲーターは、HTC VIVE Japan公式VTuberの青森りんこさん

 11日は法人向けの「VIVEビジネス・デー」、12日は開発者向けの「VIVEデベロッパー・デイ」となっており、先日発表された新製品の情報を公開する他、これからのVR活用方法についての事例などが紹介される。参加には事前登録が必要なので、VIVEビジネス・デーVIVEデベロッパー・デーのリンクから登録しよう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.