ニュース
» 2021年10月27日 15時06分 公開

バッファロー、11ac接続対応のスタンダード無線LANルーターをリニューアル

バッファローは、IEEE 802.11ac接続をサポートした無線LANルーター「WSR-2533DHPLS」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 バッファローは10月27日、IEEE 802.11ac接続をサポートした無線LANルーター「WSR-2533DHPLS」シリーズを発表、11月下旬から出荷を開始する。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色を用意。価格はオープン、予想実売価格は8480円前後だ(税込み)。

photo WSR-2533DHPLS

 IEEE 802.11ac対応で5Hz帯最大1733Mps、2.4GHz帯最大800Mbpsの接続をサポートした無線LANルーター。従来モデルをベースに付帯するセキュリティ機能を変更したリニューアルモデルで、Kaspersky製セキュリティ機能の「ネット脅威ブロッカー ベーシック」1年間ライセンスが利用可能となっている(無料期間終了後は有料でライセンス更新が可能)。

 有線ポートはギガビット×4(WAN×1、LAN×3)を利用できる。本体サイズは36.5(幅)×160(奥行き)×160(高さ)mm、重量は約360g。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.