異なるOSでも“スナドラ”搭載デバイスなら周辺機器やデータの連携スムーズに クロスプラットフォーム技術「Snapdragon Seamless」発表

» 2023年10月25日 11時38分 公開
[山口恵祐ITmedia]

 米Qualcommは10月25日(現地時間)、OSが異なるSnapdragon搭載デバイス間で、接続中の周辺機器やデータを共有できるクロスプラットフォーム技術「Snapdragon Seamless」を発表した。早ければ2023年内に対応デバイスが登場する。

photo

 SoCにSnapdragonを搭載するPCやスマートフォン、タブレットの間で、例えばマウスやキーボード、イヤフォンをシームレスに切り替えて動作させたり、ファイルやウィンドウをドラッグ&ドロップさせたりするような連携を行える。

 まずは新たに発表したSoC「Snapdragon 8 Gen 3」や「Snapdragon X Elite」およびウェアラブル/ヒアラブルデバイス向けSoCで使えるようになる。既にMicrosoftやGoogle、Xiaomi、ASUS、Honor、Lenovo、OPPOと連携しており、各社からSnapdragon Seamless対応デバイスが登場するという。

 Qualcommは「OEM、デバイス、OS間の障壁を根本的に打ち破る。これは真にユーザーを第一に考える唯一のクロスデバイスソリューションである」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー