アイ・オー、タイムシフト録画に対応した“スティック型”ポータブルSSDを発売

» 2024年07月10日 11時30分 公開
[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は7月10日、テレビ放送などの常時録画機能(タイムシフト)を持つ機器向けのスティック型USBポータブルSSD「AVSSD-RS」シリーズを発表した。価格は1TBモデルが2万6730円、2TBモデルが4万8950円(いずれも税込み)。7月末に出荷を始める。

photo スティック型USBポータブルSSD「AVSSD-RS」シリーズのパッケージ

 アイ・オーによれば、SSD製品でタイムシフトによる24時間連続録画に正式対応している製品は業界初(6月時点)だという。

 PCでの利用などが想定された通常のSSD製品は、キャッシュなどを生かして読み書きの最大速度を追求したものが多い。しかし、常時録画のような用途による連続的な書き込みに使うと処理が追い付かず、データの書き込みエラーなどが発生する可能性がある。

 これまで常時録画に対応している保存媒体はHDD製品しかなく、余計なスペースや別途電源を確保する必要があったという。

 AVSSD-RSシリーズはデータを連続的に書き込んでも安定する高速応答を重視したオリジナルのチューニング「IOオリジナルAVRecording」方式を採用しており、例えば東芝「REGZA」シリーズの「タイムシフトマシン」に接続した場合、24時間連続で6チャンネル同時録画できるとしている。

photo つなげっぱなしを想定しているためキャップは付属しない
photo

 デザインはスティック型を採用しており、壁掛けや壁寄せのような設置でも周辺のインテリアを崩さないのが強みだ。本体サイズは約20(幅)×62(奥行き)×8(高さ)mm、重さは約11g、インタフェースはUSB Standard-A(USB 3.2 Gen 2)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  4. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. “デスクトップSSD”とは!? 容量8TBの超高速ストレージ「SanDisk Desk Drive」を試す (2024年07月03日)
  8. iOS/Andorid版「Winamp」が正式版リリース/Zoomに複数の脆弱性 最大深刻度は「High」 (2024年07月14日)
  9. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
  10. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー