ニュース
» 2012年05月14日 17時14分 公開

ペットの健康、スマホとクラウドで管理――富士通、2012年下期にサービス開始

ペットに装着したセンサーで活動量を計測し、スマホ経由でクラウドに保存――。こんなペットの健康管理ソリューションを富士通が開発した。

[ITmedia]
Photo センサーデバイスを装着した犬

 富士通は、センサーとスマートフォン、クラウドサービスを組み合わせたペットの健康管理サービスを開発し、2012年下期から提供を開始する。

 ペットに小型で軽量なセンサー内蔵デバイスを装着し、日々の歩数や震え、温度変化などを測定。デバイス内に保存されたデータはFeliCaポートを通じてスマートフォンに取り込める。取り込んだデータはスマートフォンの通信機能を介してクラウド上にアップロードされ、飼い主はペットの日々の健康状態を専用のWebページで確認できる。

 富士通は同サービスを、5月17日から2日間にわたって東京国際フォーラムで開催される「富士通フォーラム2012」に参考出展する。

Photo サービスイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年