ニュース
» 2020年02月21日 06時30分 公開

蓄電・発電機器:出光興産、全固体リチウムイオン電池向け電解質を商業生産へ

出光興産は2020年2月18日、全固体リチウムイオン電池向け固体電解質の商業生産に向けた実証設備を、同社千葉事業所内に新設すると発表した。2021年度第1四半期中に稼働を開始する予定だ。

[スマートジャパン]

 出光興産は2020年2月18日、全固体リチウムイオン電池向け固体電解質の商業生産に向けた実証設備を、同社千葉事業所内に新設すると発表した。2021年度第1四半期中に稼働を開始する予定だ。

 高いエネルギー密度の実現や急速充電などが可能になることから、電気自動車などをはじめ、さまざまな分野への適用が期待されている全固体リチウムイオン電池。出光興産では全固体リチウムイオン電池のキーマテリアルとなる硫化物系固体電解質を開発しており、これまでに高純度の硫化リチウム製造法を確立し、硫化リチウムを原料とする硫化物系固体電解質について数多くの特許を保有しているという。

試作した全固体リチウムイオン電池の外観 出典:出光興産

 今回新設する固体電解質の小型量産設備では、これまで蓄積してきた技術を実用化することにより、今後の固体電解質の量産、品質向上、コスト削減を図り、原料からの一貫生産と安定供給体制の構築を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.