キーワードを探す
検索

「アプリケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

Appleが4月に発売したスマートタグ「AirTag」。スマートタグとしては後発の製品ではあるが、その真価はiPhoneやiPadといったApple製端末と併用したときに現れる。外部アプリではなくOS標準の機能で簡単に設定でき、万一悪意のある人に自分のものではないAirTagを紛れ込まされてしまった際の対策もされている。

()

Microsoftが開発していたパッケージマネジャー「winget」が正式リリースされた。wingetを使うことで、アプリやツールがコマンドで簡単にインストール可能になるため、スクリプトで同じ環境をすぐに再現できるようになる。wingetのインストールから簡単な使い方までを紹介しよう。

()

LIXILは、住宅設備機器・建材や家電などとの連携によりスマートホームを実現するIoTホームLink「Life Assist 2」を発表。中核ハードウェアとなるホームデバイスを購入すれば月額使用料なしで利用できるなど導入のハードルを下げるとともに、スマートフォンアプリの使い勝手を大幅に向上している。

()

FBIは2018年に立ち上げた暗号化チャットのプラットフォームによる国際的なおとり作戦「Trojan Shield」の成果を発表した。専用スマートフォンを犯罪組織などに1万2000台上販売し、管理するマスターキーで復号したメッセージを読むことで多数の犯罪者逮捕や麻薬押収という成果を上げた。

()

多くの組織において、IT部門は長らくコストセンターと見なされてきた。しかし、アプリケーションが競争力を左右する現代において、より効率的なインフラ技術の導入と、さらなるIT部門の活用が求められるようになってきた。

()

コロナ禍に伴う緊急事態宣言などで飲食店の営業に大きな制限がかかる中、フードデリバリーは急激に市場を拡大している。KDDIはmenuとの業務提携を発表し、ソフトバンク傘下のPayPayは、Uber Eatsのミニアプリを搭載する他、出前館でもPayPayのネット決済を利用できる。一方、「dデリバリー」を終了させたドコモはこの分野で後れを取っているように見える。

()

TSMCは2021年6月2日(台湾時間)、自社イベントの「2021 Virtual Technology Symposium」で、5nmプロセスノードの新しいファミリーとなる「N5A」について言及した。N5Aは、「AI(人工知能)対応の運転補助や運転席のデジタル化など、より進化した密度の高い自動車アプリケーションにおける、演算性能への高まる需要を満たすことを目指したものである」だという。

()

Microsoftは「Visual Studio Code」(VS Code)向けの「Tye」拡張機能を発表した。マイクロサービスや分散アプリケーションに対応した開発ツール「Tye」ベースのアプリケーションをVS Code内で簡単に表示、実行、デバッグできるようにするものだ。

()

埼玉大教育学部付属小が、教職員と保護者の連絡をデジタル化して業務効率化を図っている。「保健だより」などの配布や、保護者から寄せられるアンケートの回答をアプリでできるようにしたことで教、職員の時間外勤務や印刷費が削減できたという。

()

近年では、クラウドネイティブアプリケーションの迅速な開発サイクルによる継続的イノベーションが求められている。しかし、その実現には、開発や管理の方法を変化させる必要がある。本資料では、その指針を解説する。

()

DXにつながる迅速なアプリケーション開発として、注目を集めている「ノーコード/ローコード開発」。国内企業でも採用が進んでいるが、徐々に課題も顕在化してきている。ノーコード/ローコード開発の課題を解決し、DXを成功に導く最適解はあるのか。

()

少ないコード量でアプリケーションを開発できるローコード開発が今、脚光を浴びている。開発の生産性やスピードを飛躍的に高めることができるとして、MicrosoftやGoogle、AWSをはじめとするクラウドベンダーも新たなローコード開発ツールを提供するなど開発トレンドの一つになっている。

()

PDFドキュメントには不正変更を防止する認証機能が用意されているが、この認証機能を攻撃する方法が発見された。認証された文書であるにもかかわらず可視コンテンツを変更することができるという。26のアプリケーションで検証され、攻撃に対して安全だったのは2つだけだったと報告されている。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る