キーワードを探す
検索

「アプリケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

欧州委員会は、Apple Payに関するAppleからの提案を受け入れ、4年間の捜査を終了したと発表した。Appleは欧州圏でNFC技術をサードパーティに開放すると約束した。欧州のユーザーはAppe Pay以外のアプリをウォレットに設定できるようになる。

()

アプリケーションの設計者や開発者は、マイクロサービスが常に優れた選択肢だと仮定するのではなく、マイクロサービスとモノリスを慎重に選ぶ必要がある。アプリケーションのアーキテクチャを決める際に考慮すべきポイントを整理する。

()

悪質な勧誘を行うマルチ商法として業務禁止命令を受けたにもかかわらず、同様の勧誘行為を行ったなどとして、警視庁生活経済課が、特定商取引法違反(業務禁止命令違反)の疑いで逮捕した「President」元社長の坂本新容疑者(30)らは、ビジネススクールに若者らを引き込んでいた。

()

デロイト トーマツ コンサルティングは、RAGの利便性や精度を高める複数技術を実装したアプリケーションを開発した。検索精度向上のための機能や、大規模言語モデル(LLM)の回答分野拡張のための機能、回答精度向上のための機能を備える。

()

米連邦取引委員会(FTC)は5月、消費者が詐欺師に対して支払いを行う際に使用された決済アプリやサービスに関する統計を始めて公開し、その使用頻度を明らかにした。この統計は消費者からの詐欺報告に基づいており、FTCのWebサイトで発表された。

()

イトーキは、RFIDのロケーションテック企業RFルーカスに出資した。RFルーカスが提供するRFID位置特定技術を活用してオフィス家具をIoT化するとともに、家具の所在を迅速に把握できるアプリケーション「Office Asset Finder(仮称)」を共同開発し、高度なアセットマネジメントを支援する新サービスの実現を目指す。

()

楽天グループは第27期株主優待として、楽天モバイルの「音声+データ30GB/月」プランを1年間無料で利用可能な回線を配布しました。届いた日からおよそ1年間の間、毎月30GBのデータ通信とRakuten Link Officeアプリ経由での無料電話が可能な楽天モバイルの回線となっています。この株主優待専用回線を使う機会があったので、実際の使用感をレポートしていきます。

()

4月に日本で始まった、一般ドライバーが有償で乗客を送迎するライドシェア事業で、サービスを提供する配車アプリ会社の陣営図が明確になってきた。タクシー大手、日本交通系のGO(東京)やウーバージャパン(同)などに続き、スタートアップ(新興企業)のnewmo(ニューモ、東京)がこのほど大阪のタクシー会社を買収。7月中の事業開始を計画する。

()

ビジネス環境の変化に即応できる「生成AI」の活用ニーズが高まっている。このトレンドに応えるには、クラウドの利用が選択肢の一つだ。「AWS」なら、さまざまな基盤モデルを使って自社データをセキュアに連携できる生成AIアプリケーションを手間なく作れるという。AWSのスペシャリストソリューションアーキテクトに、AWSのスキルを学ぶ“近道“を教えてもらった。

()

お腹が空いているだけでなく、心身ともに疲れ切っているときは味が濃く、ガツンとしたものを食べたい。できれば待たずに食べたい。そんなときに利用したいのがロッテリアのモバイルオーダーだ。ロッテリアではアプリを使って、店に到着する前でもイートインのためのオーダーを行える。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る