キーワードを探す
検索

「期間延長」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

横浜で産声を上げたうんこミュージアムが、ついに海を渡った。2019年3月、横浜市にオープンしたうんこミュージアム。当初は7月までの期間限定だったが、好評を受けて会期を9月末まで延長した。公式発表によると、来場者数は30万人を突破。8月には「MAXうんこカワイイ」を掲げお台場に進出し、10月には中国、上海でもオープン。20年1月までの期間限定で展開している。快進撃を続けるうんこミュージアムは、どのように練り上げられたのか。仕掛け人に取材した。

()

NTTドコモがHuawei製のスマートフォン「HUAWEI P30 Pro HW-02L」を9月13日に発売する。国内では現時点でドコモのみが取り扱う。価格は8万9424円(税込み)。米国がHuaweiに対する輸出禁止措置の猶予期間を延長をしたことから、予約を再開していた。

()

LINEは、5月20日からスタートした「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」の期間延長を決定。5月29日までとしていたが、300億円分の「LINE Payボーナス」が送付終了するまで行う。また、公式アカウント各種と友だちになっていて、まだボーナスを受け取っていないユーザーへ1000円相当を送る企画も実施する。

()

NTTドコモは、5Gを活用した未来のサービスやコンテンツを体感できる「PLAY 5G 〜明日をあそべ〜」の常設展示期間を9月30日まで延長。3月13日からは展示内容を順次入れ替えるほか、3月16日には4K360度ライブカメラを用いたVRのライブ中継で遠隔地にいるような体験ができるイベントも行う。

()

トレンドマイクロは、Windows 7の延長サポート終了後も、エンドポイントセキュリティ製品のサポートを継続する。法人向け「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」は2024年1月まで、個人向け「ウイルスバスター クラウド」は2021年12月まで、サポート期間を延長する。

()

NTTドコモが「ケータイ補償サービス」加入者向け故障修理サービスを拡充。保証対象外の故障時の修理代金の上限額を2000円値下げし、故障時の修理対応を全機種で「修理受け付け終了日」まで延長する。iPhone・iPad向けの「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」はデータ復旧サービスの割り引きを適用可能とする。

()

東京メトロと富士ゼロックスが6月から実施している、駅構内で簡易ワークスペースを運営する実証実験が好調。9月26日現在で累計登録者数が約1000人に達した。当初は9月10日で終了予定だった実験を12月28日まで延長し、事業化に向けた検討を進める。

()

企業向けに6カ月間延長されていたWindows 10 バージョン1607のサポートが「2018年10月」に終了するはずでしたが、さらに6カ月延長されることが発表されました。そこで今回は、今最もニーズがあると思われる、Windows Server Update Services(WSUS)を使用した、Windows 10バージョン 1607から新バージョンへのアップグレードをレポートします。

()

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話3社は、台風7号や梅雨前線などに伴う大雨の被害に対する支援措置を発表。利用料金の支払い期限延長や修理費用の軽減などを行う。

()

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話3社は、災害救助法が適用された地域のユーザーに対する支援措置を実施。利用料金の支払い期限延長や修理費用の軽減、災害復興を行う団体などへの電話機や充電器の無償貸し出しなどを行う。

()

KDDIは、利用料金を毎月1000円(税別)割引する「ビッグニュースキャンペーン」を2018年5月31日まで延長。iPhone購入と同時に加入すると機種代金が最大半額支払い不要となる「アップグレードプログラムEX(a)」の無料キャンペーンも2018年5月31日まで延長する。【訂正】

()

マイクロソフトが「Windows Server」と「SQL Server」のサポート期間を6年間追加するライセンスオプション「Windows Server Premium Assurance」と「SQL Server Premium Assurance」を発表。従来の10年から、16年にサポート期間を延長できる。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る