キーワードを探す
検索

「理系」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

近年、学生の就職先として、製造業の人気が低下傾向にある。本連載ではその理由を解説し、日本の製造業が再び学生から選ばれるために必要な「発想の転換」についてお伝えする。第5回は、長期視点で優秀な人材を育てる「青田創り」の今後の展望についてお伝えしていく。

()

AWSが、AIスキルの人材育成に対して新たなプログラムを発表した。同社は技術への投資はもちろん、人材育成として社会人への教育プログラムにも力を入れてきたが、それは当然これまでのAWSのビジネスに直結するクラウドスキルに関するものが多かった。その教育プログラムに、AIを学べるものが加わった格好だ。

()

企業の人材不足が深刻化している。特に、専門的な知識やスキルが必要とされるエンジニアは、採用・育成面での課題が大きい。本資料では、「若手の即戦力化」に定評のある、エンジニアに特化したアウトソーシングサービスを紹介する。

()

息子の高校受験当日もお参りして合格を祈る母。「お祈りに意味があるのは試験が始まる前まで。答案用紙が回収された後に祈っても意味がない」と斜に構える息子。しかし、過去と未来の順序が曖昧になり、過去と未来が重なり合って干渉する……ということも起こるのです。

()

近年、学生たちから就職先としての製造業の人気が低下している。本連載ではその理由を解説し、日本の製造業が再び新卒学生から選ばれるために必要な「発想の転換」についてお伝えする。第1回は、製造業における新卒採用の現状と課題を見る。

()

エン・ジャパンが運営する新卒学生向けスカウトサービス「iroots」は、2025年卒業予定の大学生・大学院生を対象に就職状況について調査を実施した。その結果、25卒学生の志望業界のトップは、文系・理系どちらも「メーカー」であり、理系学生の半数が希望していることが分かった。

()

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の第1工場開所式が24日、熊本県菊陽町で開かれ、地元では波及効果を含め7兆円規模とも指摘される設備投資に期待が高まる。ただ、深刻な人手不足など解消すべき課題も多い。

()

私立大学入試も終盤を迎えている。大学通信の協力を得て、主要30校の出願状況を2月15日までの判明分で検証した。近畿大が11年連続首位をうかがう一方、明治大が最難関校への地位を固めつつあるという。大学の序列にも地殻変動が生じているのか。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る