キーワードを探す
検索

「決済サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地「楽天生命パーク宮城」では今シーズンから、球場内での物販購入の際にクレジットカードや決済アプリなどを通じたキャッシュレスでの会計が導入されている。「小銭を出す手間が省ける」といった意見がある一方、「現金が使えるようになった方がいい」といった意見も出るなど、賛否両論がわき起こっている。

()

コインランドリーチェーンを運営するWASHハウスが、今秋をめどに国内の全597店舗にQRコード決済を導入する。PayPay、LINE Pay、Alipayなどで決済すると、洗濯や乾燥が始まる仕様になるという。NTT西日本・NTTビジネスソリューションズと提携し、専用の決済システムとアプリも開発する。

()

AWSジャパンと有力ベンチャー3社が、SaaS型ビジネスを始めたいISV(独立系ソフトウェアベンダー)やスタートアップを支援する取り組みを開始した。施策名は「Go_SaaS 三種の神器」。「認証・ID管理」「CI/CD」「決済システムの構築」などのサポートを行うもので、2年以内に100社の獲得を目指す。

()

ヤフーは、6月3日から「Yahoo!ショッピング」と「ヤフオク!」の支払いに、モバイル決済サービス「PayPay」が利用できるようになると発表した。ヤフオク!の売上金をPayPayにチャージすることも可能になる。

()

日本でも普及が進むコード決済だが、サービスによって用いるQRコードやバーコードの仕様が異なるという課題がある。それを解消すべく総務省が主導して定めた統一コード規格「JPQR」の普及に向けた実証事業が8月から始まる。「d払い」「PayPay」など、9社の決済サービスで利用可能となる見通しだ。

()

リクルートライフスタイルのモバイル決済サービス「Airペイ」が、5月下旬からスマホ向け決済サービス「PayPay」を取扱開始。これにより全26種類の決済手段に対応する。

()

店舗向け決済サービス「Airペイ」がPayPayに対応。導入店舗はPayPayなどを含む全26種類のキャッシュレス決済方法を、顧客に提供できるようになる。

()

NTTドコモは非接触決済サービス「iD」アプリを14日午前10時以降にアップデートする。これによりPlayストアでSIMロックフリー端末向けに提供されているiDアプリでも「dカード」の登録ができるようになる。ドコモが扱う「Pixel 3」や「Pixel 3 XL」でもdカードの登録ができるようになる。

()

スマホ決済サービス「PayPay」が、三菱地所プロパティマネジメントの運営する丸の内エリア商業施設約600店舗へ導入される。5月中旬以降に東京ビルTOKIA、丸の内ブリックスクエア、iiyo!!、丸の内オアゾ、二重橋スクエアなどに導入開始。4月17日には丸ビル約140店舗の加盟店、4月19日には新丸ビル約150店舗で導入されている。

()

スマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」の「PayPayボーナス」がキャッシュバック付与率をアップ。5月8日以降の決済は決済額の「3%」に引き上げる。6月からは、月替わりでキャンペーン対象の加盟店、カテゴリー、地域が入れ替わる「ワクワクペイペイ」も開始する。【訂正】

()

スマホ決済サービス「PayPay」が、タクシー配車プラットフォーム「DiDi」を導入したタクシーで利用可能に。配車予約をする際の支払い手段に「PayPay」を選択すると、目的地に到着した時点で自動的に決済が完了する。6月中旬以降のタイミングでサービス開始記念の共同キャンペーンも実施する予定だ。

()

「メルカリ」と連携したモバイル決済サービス「メルペイ」に、商品購入代金を後払いで決済できる「メルペイあと払い」機能が実装された。購入時にすぐ代金を支払う必要がなく、翌月にまとめて支払える。月ごとの利用上限額はメルカリの利用実績などを基に決まり、最大5万円だ。

()

スマホ決済サービス「PayPay」は、4月26日に「4月26日はプレフラPayPay!キャンペーン」を開催。同日15〜18時にPayPayで支払ったユーザーを対象に、支払金額から最大20%(上限1万円相当)のPayPayボーナスを付与する。4月26日から5月6日までの「キャッシュレスウィーク」期間中は「第2弾100億円キャンペーン」も実施中だ。

()

LINE Payが、決済機能に特化した「LINE Pay」アプリのiOS版を、4月23日に提供開始した。アプリを起動するだけで、支払い用のバーコードとQRコードを表示できる。LINE Payアプリで決済をすれば、15%還元キャンペーンの還元額が1万円にアップする。

()

スマホ決済サービス「PayPay」に、PayPayユーザー同士で割り勘ができる「わりかん」機能が登場。また、抽選で期間中毎日、最大1万円相当のPayPayボーナスが当たるキャンペーンも行う。対象は作成者を含めない2人以上のグループで、合計5000円以上の割り勘を行った作成者。

()

KDDIが4月9日から提供しているコード決済サービス「au PAY」の登録者数が100万人を突破。au WALLET ポイントをau WALLET残高にチャージするだけで10%増額となるキャンペーンを実施している。

()

個人店や小規模店舗であればmPOSの導入が効果的であり、mPOSサービス各社は決済サービスへの登録申請も代行してくれる。消費税増税に伴う軽減税率対策の補助金を受けるには、指定のレジを購入する必要がある。ここでは、軽減税率対策補助金に対応した主要なmPOSサービスを紹介したい。

()

KDDI(au)は、スマートフォンを使った決済サービス「auペイ」を9日から開始すると発表した。auのサービスでたまったポイントをauペイにチャージすると10%増額したり、利用者の支払額の最大26.5%を還元したりするキャンペーンも行う。乱立するスマホ決済では後発となるが、キャンペーンや提携を活用した店舗網の拡大などで巻き返しを図る。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る