ニュース
» 2010年02月24日 07時45分 UPDATE

2009年の世界スマートフォン販売、iPhoneがWindows Mobileを抜いて3位に――Gartner調査

2009年に世界で販売された携帯電話は前年比0.9%減の12億1100万台、スマートフォンは前年比23.8%増の1億7240万台だった。

[ITmedia]

 米調査会社のGartnerは2月23日、2009年の世界の携帯電話市場についての調査結果を発表した。世界で販売された携帯電話は前年比0.9%減の12億1100万台だった。スマートフォンの販売台数は前年比23.8%増の1億7240万台と大きく増加しており、米AppleとカナダのResearch In Motion(RIM)がスマートフォン市場でのシェアを伸ばしているという。

 携帯電話のメーカー別シェアでは、上位5社の顔ぶれは前年と変わらないが、5社を合わせたシェアは4.4ポイント落ちており、Appleなどがそのシェアを奪っている。

2009年の世界の携帯電話販売
順位 メーカー 販売台数(単位:千台) シェア(%) 前年からの成長率(%)
1 Nokia 440,881.6 36.4 -2.2
2 Samsung 235,772.0 19.5 3.2
3 LG 122,055.3 10.1 -1.7
4 Motorola 58,475.2 4.8 -3.9
5 Sony Ericsson 54,873.4 4.5 -3.1
その他 299,179.2 24.7 4.4
合計 1,211,236.6 100 -
(資料:Gartner)

 Gartnerのアナリスト、カロリーナ・ミラネシ氏は、Nokiaの「Meego」プラットフォームベースの新製品は2010年下期まで登場しないため、同社は上半期には苦戦するだろうとみている。上位5社で最もシェアを伸ばしたSamsungについては、新OS「Bada」ベースの製品でラインアップを強化するとしている。

 スマートフォンOS市場ではSymbianが首位を守ったが、シェアを5.4ポイント落とした。次期OS「Symbian^3」ベースの端末が販売されるのは2010年第3四半期の見込みだ。

 スマートフォン市場で好調だったのはiPhone OSとAndroidだ。iPhone OSは6.2ポイント、Androidは3.4ポイントそれぞれシェアを伸ばし、iPhone OSはWindows Mobileを抜いて3位になった。

2009年の世界のスマートフォン販売
順位 OS 販売台数(単位:千台) シェア(%) 成長率(%)
1 Symbian 80,878.6 46.9 -5.5
2 RIM 34,346.6 19.9 3.3
3 iPhone OS 24,889.8 14.4 6.2
4 Windows Mobile 15,027.6 8.7 -3.1
5 Linux 8,126.5 4.7 -2.9
6 Android 6,798.4 3.9 3.4
7 Palm WebOS 1,193.2 0.7 -
その他 1,112.4 0.6 -2.3
合計 172,373.1 100 -
(資料:Gartner)

 Gartnerのアナリスト、ロベルタ・コッザ氏は「Androidの2009年第4四半期の成長は2010年にも続き、多数のメーカーが搭載機を発売するだろう。だが、キャリアやメーカーはGogleのモバイル市場に対する意図に懸念を抱いており、Android製品の戦略を変更する可能性がある。そうした動きが同OSの成長を阻むかもしれない」と語った。

 2010年の携帯電話市場については、ハードウェアよりもOSやサービスやアプリの動きが活発になるとミラネシ氏はみている。販売台数の伸びは2けた前半まで回復するが、激しい競争で各ベンダーの利益は引き続き厳しいものになると予測している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ