ニュース
» 2013年07月01日 16時38分 UPDATE

導入事例:旭化成、インメモリ技術を利用した国内最大級の情報活用基盤を構築

旭化成は、ERPシステムで扱う大量の業務データのリアルタイム分析・把握を実現する情報活用基盤を構築した。

[ITmedia]

 旭化成は、ERPシステム統合プロジェクトの一環として、ERPシステムで扱う大量の業務データのリアルタイム分析・把握を実現する情報活用基盤を構築した。これを手掛けたNECとアビームコンサルティングが7月1日に発表した。SAPのインメモリソフトウェア「SAP HANA」を活用して構築したもので、同製品を採用した国内最大級の事例だという。

 旭化成は近年、あらゆる局面においてグローバルレベルで起こる大きな変化へ柔軟に対応すべく、事業領域の中で「選択」と「集中」を進めることでグループの経営資源を集中し、さらなる成長のための経営基盤強化を図ってきたという。今回のERPシステム統合プロジェクトは、旭化成グループにおける組織変更への迅速かつ効率的な対応とシステムの保守・運用コスト削減を可能にし、これらを基盤として、グループ全体のタイムリーな情報把握による経営のスピードアップに貢献することを目指している。

 同社が構築した情報活用基盤は、統合したERPシステムで扱う会計・生産・購買・販売・物流などの大量の業務データを、SAP HANAを活用して高速処理し、会社/事業/工程単位のコスト分析レポートなど業績管理・各種データ分析に必要な業務レポートや、利用者が分析軸を任意に設定したレポートをリアルタイムに提供する。これにより、分析・把握の迅速化を実現し、旭化成の競争力向上に貢献するとしている。

 NECとアビームコンサルティングは、SAP製品を活用したさまざまなプロジェクトの経験・実績や、プロジェクトマネジメント力を有しているとし、旭化成は2社が強みとするSAPとのグローバルな協業関係に基づくSAP HANAへの総合的な技術対応力などを評価し、システムの構築に至ったという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ