連載
» 2014年10月30日 08時00分 UPDATE

ディルバート(372):現実はそんなに甘くない

「複雑なプロジェクトですが、3カ月以内に完成します」と宣言したプロマネ。不安になったディルバートがその理由を聞きますが……。

[スコット・アダムス,ITmedia]

r372_01.jpg

ソフトウェアのアップグレードは3カ月以内に完成、公開されます


r372_02.jpg

過去、これほど複雑なプロジェクトでその期間で完了した事例はありますか?


r372_03.jpg

まだです。われわれは初となる自信があります


r372_04.jpg

それは、過去に失敗した人と違う方法を採用しているからですか?


r372_05.jpg

いえ、今まで失敗した人とまったく同じやり方です


r372_06.jpg

ボクが何を言おうとしているかわかる?


r372_07.jpg

いや、あまり


r372_08.jpg

それから、予算内に収める予定です

フガフガ


  


 このお兄さん、間違いなく販売出身の人だな。もう少しエンジニアの現場を勉強しようよ。現実はそんなに甘くないんだから。

 このお兄さんのようなニブちん(古い!)のことを、“thickheaded”とか言ったりします。文字通り「頭が分厚い」ので何を言っても脳みそに入らない愚か者。“He is so thickheaded nothing I say registers”(彼は私が何を言っても頭に入らない愚か者)というように使います。

 また同じように鈍感な人を形容するのに“He/she is dense”と言い方もあります。Denseは「濃い」という意味ですが、頭の中が濃霧のようで何を言っても届かない、という意味になります。例えば、職場で秘めた関係の2人に最後まで気がつかなかった同僚に“You can sometimes be so dense”(あなた、ときどきどうしようもなく鈍いわよね)と言ってからかったりしますが、使い方を間違うと相手を侮辱することになるので気をつけて。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ