ニュース
» 2015年06月18日 08時00分 UPDATE

ディルバート(402):ボスのかんがえたさいきょうのソーシャルメディア

ただ単語を並べればいいって問題じゃないでしょ!

[スコット・アダムス,ITmedia]

r402_01.jpg

ソーシャルメディアについて聞きたいんだが、ちょっと時間あるか?


r402_02.jpg

時間がありませ……

すぐ済む。一個だけ


r402_03.jpg

分かりましたが、手短に。会議に遅れるので


r402_04.jpg

分かった。質問というのはだな……


r402_05.jpg

フェイスブックにツイートをインスタグラムできるか?


r402_06.jpg

それとも「いいね!」すると、自動的にフォロワーにピンすることができるのかい?


r402_07.jpg

「はい」と答えて、会議に行かせてもらいます


r402_08.jpg

(補足質問もすべきだったかな)


  


 いや、というよりボスのSNSの知識、なんか基本的なところが欠落しているようですが……単語並べればいいって問題じゃないでしょ!?

 「後に続く」とか「追跡する」という意味のfollow-upは“Please follow up on that issue we discussed(話し合った問題点を引き続き対応してください)”のように、ハイフンなしで動詞として使うことも、follow-up article(新聞の続報)や、follow-up examination(経過観察)のように、ハイフンを入れて名詞として使うこともできます。

 ビジネスの現場などでは、“This is a follow-up to the email I sent you earlier(以前お送りしたメールの補足ですが)”という出だしで、状況の進展を報告したり、回答を催促したりするときによく使います。

 Make it fastは「手短に」「急いでください」という意味で、ほかにもhurry up(急いで)やmake it quick(速く)と言いかえることもできます。しかし、ディルバートの回答は素早かった!

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ