ニュース
» 2015年12月17日 08時00分 UPDATE

ディルバート(428):一人ぼっちのパーティー

ははは、“たまたま”ですって。たまたま。

[スコット・アダムス,ITmedia]

r428_01.jpg

仕事帰りに何人か家に呼んだんだけど、一緒に来ない?


r428_02.jpg

他に誰が行くの?


r428_03.jpg

7人が「多分」って言ってて、1人が後で返事するって


r428_04.jpg

みんな楽しみにしていると思うんだよね


r428_05.jpg

それでどう? 来ない?


r428_06.jpg

姉を空港まで迎えに行く必要があるかどうか次第ね


r428_07.jpg

いつ分かるの?

メールするわ


r428_08.jpg

誰も来なくて悲しい?

いや。全員のことがまだ大嫌いかどうか、A/Bテストをしただけさ


  


 負け惜しみのディルバート……ちょっとかわいそう。ディルバートを傷つけまいとみんなやんわり断ったつもりが結果的に彼を深く傷つけているのかも。

 3コマ目に関して、“I'll get back to you”というのは文字通り「後で連絡します」とか「折り返し連絡します」という意味ですが、何でもストレートに言うアメリカで、実はやんわり断る表現の1つでもあります。その場で「ノー」といわず「考えて返事する」というニュアンスで、まさに日本でいう「検討します」に匹敵します。また、ここではその進化系で“I'll text you”が使われています。「メールするわ」=即答を避けて結果連絡を取らないことで、拒絶を相手に伝えているわけです。

 なお、A/Bテストとはいわゆる仮説検定(hypothesis testing)のことで、ある仮説が正しいか否かを統計学的に判断する手法のこと。まさにディルバートの場合、自身の仮説が100%証明された!?

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -