ニュース
» 2016年01月21日 08時00分 UPDATE

ディルバート(432):同僚に恵まれない

仕事の失敗を人のせいにするのはあまり好ましくありませんが、さすがにこれは世知がらい……。

[スコット・アダムス,ITmedia]

r432_01.jpg

アホ集団をボクのプロジェクトチームにつけましたね


r432_02.jpg

良い人材を雇う金がないんだ


r432_03.jpg

ジャマしかしない、アホばかりのチームでどうやって世界レベルの製品を作れっていうんですか?


r432_04.jpg

もっと一生懸命働いてみろ


r432_05.jpg

誤った判断に対してよりエネルギッシュになれ、と?


r432_06.jpg

労働時間を増やす必要もあるな


r432_07.jpg

つまり、誤った判断と長時間労働と前向きな姿勢が素晴らしいエンジニアリングを生み出す、と?


r432_08.jpg

一日中そこに立ってブツブツ言っていなければ、だが


  


 怒れ、ディルバート! 会社の不条理な要求と断固戦うんだ! 長時間労働を強いるブラック企業なんかに負けるな!

 6コマ目の“Put in the hours”または“Put in long hours”とは、仕事などに長時間取り組むことで、例えば「The so-called “black companies” demand employees to put in long hours with little or no pay(いわゆる「ブラック企業」は無給ないし薄給で長時間労働を強いる)」と言います。

 ちなみにブラック企業を“black companies”と言っても直訳なので、これだけでは意味が通じません。英語で説明するならば“sweatshop”などが近い訳語かもしれませんが、sweatshopは「労働搾取工場」と訳されるように、工場などブルーカラーな業種に使うことが多く、ホワイトカラーな業種も含むブラック企業を説明する時には“sweatshop-like company”と言えばより伝わるかと思います。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ