ニュース
» 2017年03月02日 09時00分 UPDATE

ディルバート(490):モンスター上司、パワー全開

“モンスター上司”の特徴は、都合の悪い事から逃げる、仕事や価値観を押し付ける、基本的に丸投げなどなど……。ボスなら“満点”間違いなし!

[スコット・アダムス,ITmedia]

予算を削る必要がある


全ての下請けに対して値下げを要求してこい


下請けが応じると思う理由は?


やらなければ他から買うと伝えろ


それって今の価格を得るために使ったセリフですよ


私はエンジニアであって専門の交渉人ではありません。あなたの計画は根本から過ちを内包している


あなたのリーダーシップ不足によって私は既に狂気一歩手前です。これによって実際気が狂ってしまうかも


来週の火曜日までにやるように


  


 だから、「人の話を聞けって!」と叫んでも、無駄ですよ、ディルバート。相手が相手ですから。「馬の耳に念仏」、もとい「ボスの耳に部下の悲哀」……。

 「耳を傾けてもらえない」「聞き入れてもらえない」、こういう状況を“fall on deaf ears”といいます。“I've been complaining about the noise from the neighbor to the landlord, but it seems to fall on deaf ears.”(大家さんに隣の住人がうるさいって苦情を言っているけど聞き入れてもらえない)と使います。また似た表現に“talk to a brick wall”もあります。レンガの壁に向かって喋っているようで何の反応も得られないという意味です。

 また「耳を貸さない」という意味で“turn a deaf ear to”という表現があり、“My boss turned a deaf ear to my pleas.”(ボスは僕の願いに全く耳を貸さない)と使います。なお、こちらの場合の「耳」は、前出の表現と異なり、“ear”を単数で使うので気を付けてください。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -