ニュース
» 2017年07月13日 09時30分 UPDATE

ディルバート(509):答えは「アヒル隊長」が知っている

書いたコードがうまく動かない!? そんなとき、誰かに客観的に見てもらうのも有効な方法ですが、ディルバートが勧める方法は……。

[スコット・アダムス,ITmedia]

自作のコードの何がおかしいのか分かりません


ラバーダッキングしてみろ

は?


ラバーダッキングとは、おもちゃのラバーダックにコーディングの問題を説明して解決することだよ


他人に問題を説明することで、新しい視点から問題を見つめられるようになるのさ


素晴らしいアイデアなのか、くだらない冗談なのか、区別がつきません


君のボスに聞いてみろ

分かりました。ラバーダッキングは素晴らしいアイデアなのですか? くだらない冗談なのですか?


素晴らしいアイデアだよ。ワシも頭の中でイメージしたアカゲザルと喋ると、多くのマネジメントのアイデアが生まれる


それ、ちょっと分かりづらい


  


 発想の転換のためには相手がアヒルでもサルでもいいじゃないですか。ただし、声には出さないでね。ただの変な人になってしまいますから。

 “muddy the waters”は「水を濁らす」という意味から「事態を不明瞭にする、問題を複雑にする」ことを指すのに使う表現です。“His explanation merely muddied the waters.”(彼の説明はさらに混乱をもたらしただけだ)と使います。

 日本では某番組で「アヒル隊長」と呼ばれてからその呼び名が定着した、あの黄色いゴムのアヒル「ラバーダック」の歴史は、19世紀後半までさかのぼります。その後、サセミストリートの人形キャラクターのアーニーがいつも大事に持ち歩き、悩みなどを打ち明けていた黄色いアヒルのおもちゃ「Rubber Duckie(ラバーダッキー)」となり、世界的に有名になりました。昔から、よく語りかけられるおもちゃだったようですね。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ