連載
» 2018年01月11日 08時00分 公開

ディルバート(535):チーム強化イベントで見えた課題

チーム強化イベントの反省会議に臨むディルバートたち。ボスの“分析”をよそに、チームの課題は他にありそうですが……?

[スコット・アダムス,ITmedia]

知っての通り、チーム強化イベントはうまくいかなかった


あえて自己弁護するが、クラス6級の激流アドベンチャーがこれほど揺れるものとは知る由もなかった


テッドが落ちたときは驚いた


しかし、チームとしてこれを乗り切って彼を探さなかったことは私の誇りだ


探していたらランチの時間が遅れてしまっていた


まぁ、テッドも安全な場所まで泳いで行ったことだろう

テッドは泳げません


テッドがイベントに参加しなかったことにするのに賛成の者は挙手を


ライフジャケットはなかったのか?

それはデラックスプランの方ですよ


  


 いや、いやいやいや、ボス、それはさすがにマズイでしょ。当分は新聞の三面記事から目が離せません!?

 急流によって生じる白い泡から急流のことを“whitewater”(白い水)といいます。船頭さんが操る舟でのんびり景色を楽しむ川下りと違い、筏や専用のゴムボート、カヤックやカヌーなどで急流を下るウォータースポーツを“whitewater rafting / canoeing / kayaking”といいます。“white water”や“white-water”と表記することもありますが、意味は同じです。

 ところで、“rafting”(ラフティング)競技の“raft”は筏やゴムボートのことですが、動詞として“raft”と使うと、「筏で運ぶ」ことをいい、“raft logs down the river”(丸太を筏で川下へ運ぶ)と使います。さらに、“raft of(something)”というと、「大量の」という意味になり、“raft of worries”(多くの心配事)とか“raft of information”(大量の情報)といいます。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -