運用管理

新着記事

icon

JEITAのPC・タブレットユーザサポート専門委員会が、Windows 10の活用ポイントなどをまとめた文書を公開した。

(1月23日 13時00分)
icon

東京海上日動と日本マイクロソフトが、モバイルPCからの情報漏えいやモバイルPCに対する不正アクセスといったテレワーク中のリスクをカバーする「テレワーク保険」を発売。Windows10を搭載した法人向けPCに付帯する形で提供される。

(1月23日 12時00分)
icon
Weekly Memo:

ビジネスコンサルティングやシステム開発を手掛けるアクセンチュア。ビジネスの半分にデジタルが関わるようになった時代、同社は顧客企業に対してどのようなデジタル変革を推進しているのか。

(1月22日 11時00分)
icon

能楽協会、富士通、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、言語の壁を越えて能楽の魅力を発信することを目指し、「能楽フェスティバル2017-2020 『第3回シンポジウム』」で、講演者の発話内容をリアルタイムに英訳して来場者のスマートデバイスに表示する仕組みを活用する。

(1月22日 11時00分)
icon

富士通が、仮想デスクトップのログインと入退場ゲートの従業員証明認証に「手のひら静脈認証」を本格導入。セキュリティ強化や利便性向上を図るとともに、顧客向けソリューションへの拡大を図る。

(1月19日 11時00分)
icon
夢物語で終わらせない「DevOps」(5):

2018年は、DevOpsがエンタープライズITの世界にも浸透する年になると考えています。しかし、それが成功するためには、DevOpsという考え方そのものを大きく変えなければならないかもしれません。

(1月19日 08時00分)
icon

IDC Japanによると、2016年から2021年の国内働き方改革ICT市場の成長率(CAGR)は7.9%で、2021年には2兆6622億円規模と予測。取り組みの深化に伴い、「ITサービス/ビジネスサービス」「ソフトウェア」が市場の成長をけん引すると分析する。

(1月18日 11時30分)
icon

伊達市と富士通は、車両による送迎支援の利用者と遊休車両をマッチングするシステムを「FUJITSU Mobility Solution SPATIOWL」で構築。住民の共助による効率的かつ安全な乗合送迎サービスを実現するため、その有効性を検証する。

(1月18日 11時30分)
icon

北海道全域と東北地方に電力供給を行うオカモトは、NECソリューションイノベータと共同で、「LINE」とチャットbotを組み合わせた問い合わせツールの精度や有効性についての実証実験を行う。

(1月17日 11時00分)
icon

大谷機械製作所は、富士通九州システムズ(FJQS)のCAEソリューションを導入。非線形構造解析ソフトウェア「LS-DYNA」の活用により、鍛造機械の強度解析を内製化し、解析データのシミュレーションによるものづくり体制を構築した。

(1月17日 11時00分)
icon

電子情報技術産業協会(JEITA)が、国内企業の非IT部門を対象にしたIT投資の意識調査を発表。2017年はIT投資の重要性を認識する企業が増加。業務効率化やコスト削減へのIT投資が多いものの、いわゆる“攻めのIT投資”が増加しつつあるという。

(1月16日 11時00分)
icon
Weekly Memo:

英ITサービス企業の買収を発表したNECは、これを機に個別SIからプラットフォーム事業者へと転換を図りたい考えだ。果たしてどんなプラットフォーマーを目指すのか。

(1月15日 11時00分)
icon

三菱地所、綜合警備保障(ALSOK)は、PKSHA TechnologyのAIを活用し、監視カメラの映像をAIで解析して“困っている人”を自動検知する実証実験を行う。

(1月12日 11時00分)
icon
山岡週報:

シャープの社内ベンチャーが、シャープの蓄冷技術を生かした“氷点下の味わいを楽しむ日本酒”など、新感覚の製品を次々と生み出している。クラウドファンディングとタッグを組んだそのオープンイノベーションの原動力とは?

(1月12日 07時00分)
icon
Microsoft Focus:

開発中の機能をユーザーに試してもらい、フィードバックを生かしてOSをよりよいものにしていく――。MicrosoftがWindows 10で導入したユーザーフィードバックシステム「Windows Insider Program」は、OS開発においてどんな役割を果たしたのか。

(1月11日 18時00分)
icon
プロジェクトマジック:

食洗機を大型のものに買い換えたら、単にスピードアップしただけでなく、これまで手間だと思っていた幾つかの工程もなくなった――。そんな日常の実体験から見えてきた、ITによる“正しい業務効率化”の形とは?

(1月11日 14時00分)
icon

三菱自動車が、試作車開発や量産車の生産を支える設計部品表システムの運用基盤を「Oracle Exadata」で刷新した。併せて「Oracle Database Appliance(ODA)」を導入し、災害対策環境を構築。堅牢性と可用性を確保し、処理の高速化を実現した。

(1月11日 11時00分)
icon

タイムズ24、損保ジャパン日本興亜、浜松市は共同で、イベント開催時に一時的に増加する駐車場需要に対応するため、シェアリングエコノミーの手法を活用した駐車場シェアリングの実証実験を行う。

(1月10日 13時00分)
icon

インサイト、ソフトバンク・テクノロジー(SBT)、シビラの3社は、ブロックチェーン技術と、家賃や電気料金などの生活決済データを組み合わせた信用情報プラットフォームを開発する。ブロックチェーンの対改ざん性などのメリットとクラウドの冗長性を備えた可用性の高い信用情報管理が可能になるという。

(1月9日 11時30分)
icon
Weekly Memo:

2018年のIT業界は、2017年に引き続き、AIをはじめとした最新技術によるデジタル革命の話題で幕を開けた。が、この最新ITとユーザー企業との間にギャップが起きているのではないか。

(1月9日 11時00分)

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -